ホイットモア大統領

恋は雨上がりのようにのホイットモア大統領のレビュー・感想・評価

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)
3.9
大泉洋と戸次重幸がイチャついてるシーンなんて、ただの「おにぎりあたためますか」(ローカル番組)じゃん!笑
メジャー映画で、2人のいつものやり取りを見せられると、元道民としては微笑ましい限りです。

そんな大泉洋演じる近藤店長の青春模様も、本編の半分ぐらいを占めており、大人の鑑賞にも耐えうる作品になっている。

ヒーロー滑りで登場する小松菜奈パイセンは、安定の可愛さを提供してくれたが、
山本舞香のはんなりパイセンぶりもまた、乙であった。ありがとう、京都。

さらには加瀬先輩にも胸キュン。

グイグイ来るし、退き際が潔いし、優しいし、中性的なイケメンだし、料理も上手いしで、男が惚れる「爽やかな大人の辛さ」のジャワカレー系男子だった。

そして、永井聡監督。
前作『帝一の國』と本作を劇場で続けて観て、インパクトあるOPで観客の心を掴み、緩急付けつつ、一気に走り抜けるのがこの人の持ち味だと気づいた!
であれば、次回はアクション映画なんてどうでしょう?