みおこし

恋は雨上がりのようにのみおこしのレビュー・感想・評価

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)
3.9
雨の日ということで、公開期間から気になっていた本作を。

女子高生のあきらは、アキレス腱を負傷したことから陸上の夢を絶たれ、事実上の休部状態に。そんな期間に始めたファミレスのバイト先の店長である45歳バツイチの近藤に、いつしかほのかな恋心を抱き始める。ある日、思わず近藤に恋心を告げてしまったあきらだったが...。

最近観た邦画の中では断トツでお気に入りの爽快な作品。少女漫画が原作とのことですが、淡々と描かれる中で、実は細部まで丁寧に作り込まれた先の読めない展開に思わず見入ってしまいました。決して直接的な表現だけでは再現しきれない、人間の機微を描く恋愛映画は、本当に邦画ならではだなと。
あきら役の小松菜奈ちゃんも、近藤店長役の大泉洋さんも、この2人以外ありえない絶妙なキャスティング。まるでドキュメンタリーでも見ているような、自然体な2人のセリフ回しもまたリアルそのもの。女の子なら誰しも抱いたことがあるであろう、自分を認め励ましてくれる年上の男性への憧憬を見事に描いていて素晴らしかったです。

非の打ち所がない美少女であるあきらが、一見冴えないおじさんに恋をした理由がなんとも素敵。みんなに「臭い」とか「キモい」とか言われながらも、実は彼が見えないところで努力をしていたり、相手を選ばずさりげない優しさを持って誰にでも接しているということをあきらは知っていて、そんな人としての近藤の魅力に気づいているということもまた彼女だけが浸れる優越感だったりもする。
女子高生らしいまっすぐさと不器用さで、ストレートに店長への想いをぶつけるも、近藤のほうはふた回り以上も離れた女の子から突然告白され、大人として自分がどう振る舞えばいいのか葛藤。どちらの気持ちも痛いほど伝わってきて、ついつい観ているこちらまで一喜一憂。デートの日取りが決まった後、スケジュール帳を見てニヤニヤするあきらのいじらしさといったらまたもう可愛いすぎる...!!(笑)

恋を通して、ひと回り成長する女子高生の青春ストーリーとしても見応えたっぷり。年齢や性別を問わず、どんな人の琴線にも触れそうな秀作でした。