恋は雨上がりのようにの作品情報・感想・評価

恋は雨上がりのように2018年製作の映画)

上映日:2018年05月25日

製作国:

3.9

あらすじ

高校2年生の橘あきら(17)は、アキレス腱のケガで陸上の夢を絶たれてしまう。 偶然入ったファミレスで放心しているところに、優しく声をかけてくれたのは店長の近藤正己(45)だった。それをきっかけにあきらは、ファミレスでのバイトを始める。 バツイチ子持ちでずっと年上の近藤に密かな恋心を抱いて…… あきらの一見クールな佇まいと17歳という若さに、好意をもたれているとは思いもしない近藤。しかし近藤へ…

高校2年生の橘あきら(17)は、アキレス腱のケガで陸上の夢を絶たれてしまう。 偶然入ったファミレスで放心しているところに、優しく声をかけてくれたのは店長の近藤正己(45)だった。それをきっかけにあきらは、ファミレスでのバイトを始める。 バツイチ子持ちでずっと年上の近藤に密かな恋心を抱いて…… あきらの一見クールな佇まいと17歳という若さに、好意をもたれているとは思いもしない近藤。しかし近藤への想いを抑えきれなくなったあきらはついに近藤に告白する。 近藤は、そんな真っ直ぐな想いを、そのまま受け止めることもできず―― 真っ直ぐすぎる17歳、さえない45歳。ふたりに訪れる、人生の雨宿りの物語。

「恋は雨上がりのように」に投稿された感想・評価

ryopeee

ryopeeeの感想・評価

3.7
大泉洋が小松菜奈に弄ばれる映画。
ドアップの小松菜奈はたまらん!!
大泉洋が冴えない店長を演じてるのは似合いすぎて笑う、、、
言い逃れ方がひどい笑笑
つう

つうの感想・評価

4.0
『雨上がりに虹がかかるような爽やかさがある。』

監督は『ジャッジ』『帝一の國』などで知られる永井聡監督。

原作は、眉月じゅん先生の同名マンガを実写映画化した作品。
ビックコミックスピリッツで連載されていて作品も先日、完結して全10巻。

普段、マンガを読まない大人の層にも面白いと話題になり実写映画化前にTVアニメ化もしている。

主演はケガで陸上を引退してファミレスでバイトするJKのアキラを小松菜奈。アキラのバイト先の冴えない店長を大泉洋が演じた。

めっちゃ良かった。原作のトーンの違いはあるもののマンガ原作実写化において傑作と名高い『ちはやふる』シリーズ。
マンガ原作の実写映画化というジャンルという意味においては上を行ってるんじゃないかとすら感じた。

小松菜奈がマジかってぐらい全力疾走でバイト先に向かっていく姿と長回しでファミレス店内を回していくので一気に世界観に引き込んでくれるのは相変わらずの掴みの早さは完璧。

最初は予告を見た時には店長役を大泉洋にキャスティングされた時にはイメージと違うなと思いましたが、実際は良かったです。
大泉洋を大泉洋させてなくて良かったw

脇を固めるメンバーも良くて清野菜名、磯村勇斗、松本穂香などが上手く盛り立ててたのも良かった。キチンとそれぞれがキャラを理解した上で演じてくれてるのも永井聡監督の世界観の統一感があっていい。

原作コミック・TVアニメ・実写映画とラストは3つとも違っている。
個人的には実写映画のラストが好み。

動画レビューはコチラ。
https://youtu.be/8etzYwGPYOk
かんま

かんまの感想・評価

5.0
実写映画→アニメ の順で見たんだけど、どっちも凄く良い。
映画キャストの再現率がハンパない。
おっさんに一途な女子高生癒されるなあ。
泣いたなあ。

曲も良い。良い。
ワッシ

ワッシの感想・評価

4.0
主題歌のフロントメモリーも良い。
最後どうやって終わるんだろう、、結ばれるのかなあなんて思いながら見ました。結局2人は結ばれなかったけどその後の幸せを感じさせるハッピーエンドでよかったです。それと小松菜奈が美しすぎ。特に序盤の走るシーンは曲とあいまって最高でした。
Pooh

Poohの感想・評価

-
18.9.23
シンガポールから成田までの間に鑑賞
小松菜奈がとにかくかわいい
まかないのサンドウィッチが美味しそうだった
ayumi

ayumiの感想・評価

3.5
店長の優しさにほっこり。自分の中で大切にしているものを、大切にしようと思わせてくれる映画。邦画の恋愛系はなんとなく終わりが見えるけど、この映画は思っていたよりもステキなストーリーだったので観てよかったと思った。
挫折した女の子と小説家の夢が捨てきれないおじさんがちょっとときめく話
み

みの感想・評価

4.0
原作で好きなシーンが削られていてショックだったけど爽やかな映画だった
>|