恋は雨上がりのようにの作品情報・感想・評価

恋は雨上がりのように2018年製作の映画)

上映日:2018年05月25日

製作国:

上映時間:111分

3.8

あらすじ

「恋は雨上がりのように」に投稿された感想・評価

いで

いでの感想・評価

4.5
どうせ少女漫画原作映画のおっさんの妄想話版でしょくらいに思ってたけど、ちょこちょこいい評判を聞くので観てみたらめっちゃいいやん!まさかこの映画で泣くとは思わなかった。

最初の小松菜奈さんの全力疾走からいい意味で「アレ?思ってたのと違う」って感じでアッと言う間に引き込まれた。確かに恋愛話ではあるけど、どちらかと言うと挫折と再生の物語だった。しかもそれが才能のある人とない(と思われる)人の両方の挫折を描いているし、はっきりとした出来事があるのとないのも描かれていて、バランスがいい。個人的には好きなものや夢中になれるものがあるってうらやましく思えた。執着できるものがあるってそれだけで心の支えになるんだろうな。

主演の2人も良くて、小松菜奈さんはこの役にすごくあってた。無愛想で大人びて見えるけど、まっすぐだし子どもな感じも良かったし、いやらしくないエロい足も良かった。大泉洋さんはダメなヤツっぽいのに、ちゃんと見るとスゴく魅力的な役がうまい。

戸次さんも初めはなんじゃその髪型と思ったけど、2人のやりとりにはグッときたし、SRファンとしては山本舞香さんが出てたのもうれしかった。

最後の落としどころもちょうどいい感じ。やり過ぎると逆に薄っぺらくなってたように思うし、あの先はまた別の物語だと思う。あと、撮り方がうまい。出だしとかファミレス内の撮り方とか映像にも引き込まれた。それとかまってちゃん好きとしては音楽も良かった。
marigo

marigoの感想・評価

2.5
疾走する小松菜奈が美しかったのと、無愛想で美しい小松菜奈がバカにされる大泉洋を見つめるキラキラした眼差しが最高に美しかったけどおいおい結論どうなんのよ!!というフラストレーションと全体的な薄っぺらさで勿体なかった…
中年男と女子高生の恋愛話。好きなテーマなんだけど、語られる恋愛があまりにも薄口である。『早春物語』と比べてこれはどうなんだ?と思う。
つまり、性というテーマ性がごっそり抜け落ちてしまっている。

序盤1時間は面白かった。まず、小松菜奈のキャラクター。ブスッと気が強い感じ、何かに挫折した屈折した感じから、だんだんとこの女が大泉洋が好きなのだという事が分かってくる。大泉洋は職場のファミレスでは、「情けない」と揶揄されるような中年店長だ。その情けなさには悪意があるというわけではなく、世の中的に中年男って1番杜撰に扱われるものであり、ファミレスの同僚たちもその世間を体現するように大泉洋を軽んじている。中年男は中年男であるというだけで悲哀に溢れた存在なのだ。
前半60分はダグラス・サークを意識した演出がイケていた。

そんな無意識の悪意が満ちたファミレスにおいてただ、理由も語られないままにまっすぐに大泉洋を愛している小松菜奈。これだけでこの映画の序盤は充分に美しいのだ。
そして小松菜奈と大泉洋はやがてデートをする関係に発展するのだが、問題なのはここから。話は小松菜奈の陸上話へとヨレていってしまい、客として1番観たいものである、この二人の恋愛が今後どんな風に転がっていくのかがなかなか描かれない。

そもそも、小松菜奈はアキレス腱断裂で陸上を半分諦めていた渦中に大泉洋と出会うのだが、そこで一旦は陸上を捨てるかのように大泉洋に恋をする。だが、その一方で、ライバルである山本舞香は同じアキレス腱断裂を乗り越えて陸上一筋の少女として描かれる。この二人が対比してしまうことで、小松菜奈の陸上への熱意が見えなくなってしまうのだ。小松菜奈は同じ故障を一人では乗り越えられないような選手なのだから、彼女の陸上を応援したいという気持ちが観客として持ちづらくなってしまう。

そして、もう一つの問題点は、大泉洋は小松菜奈が女子高生だからという理由で交際することを拒絶しているが、この拒絶が倫理的に正しいものであったとしても映画の主人公(この場合はヒロインか)の行動として食い足りないのだ。普通、中年男が女子高生に言い寄られたら、倫理的に正しくなくても一線を越えてしまいたくなるものだろう。その葛藤こそが面白いはずなのに、この映画の作り手はその繊細な問題から目を背けてしまっている。主演が小松菜奈だからなのか?TOHOシネマズでやる映画は性欲を描いたらいけないのか?
中盤までの大泉洋と小松菜奈は、イケない恋に惹かれ合ってしまう男女として非常に美しく描かれていた。正直、ここまで良い感じの二人なら観客は倫理の問題なんて気にならないはずである。別にセックスシーンを描く必要なんてないが、倫理が二人の障害にならないのだとしたのなら、書き手は別の問題を設定してそれを乗り越えようとするというネタを考えるべきだ。それを中途半端に放置して、陸上とか小説とかの観客から観て副次的なネタに逃げるからダラダラと後半が何を言いたいのか分からない話になるのである。

ラストも、すでに連絡先くらい知ってるんだろうから、小松菜奈も勝手にメールしたら良いじゃんって感じ。
きむ

きむの感想・評価

3.1
小松菜奈かわいいし、大泉洋は味があるなーと。ただそれだけ。
saya

sayaの感想・評価

-
すっっっごく良かった!


大泉さんと戸次さんが画面の中で並んでるのがなんだかにやにやしちゃって嬉しい。
ふたりとも良い役なのがずるいなあ。


小松菜奈ちゃんと清野菜名ちゃんのさっぱりした感じがとても良いです。


雨の日がちょっと好きになるような、見終わった後に清々しくなれるような、爽やかさのある映画でした。
ふとした時にまた観たくなるだろうな。


原作の漫画も途中で止まってるので続きが読みたくなりました。
べりす

べりすの感想・評価

3.3
原作もアニメも見てた。
アニメのクオリティが高めだったので、これ大丈夫かなー?って思ったけどよかったです☺️
ペディキュアの流れがここだと若干わかりづらかったかなー??
あれは、靴下脱がない→足何もしてない恥ずかしい!
傷見られたくないわけじゃない説で盛り上がってた気がします(当時のツイッター)。

その後、ペディキュアの足見て勘違いされるみたいな流れがあったような。。。

ペディキュアしてた足をキュってしちゃうのも乙女心なのかな?まじまじ足見られたりしないもんね!結構あそこが共感ポイントだったり。JKで学校うるさいと足だけやってたりとか思い出す☺️

あんまりJKとバツイチ子持ちおじさんとかよろしくない感じなんですが、それでもある程度の距離感がありつつ、お話としてはうまくまとまっていて無理ーみたいな感じにならなくて良かったです。

そしてチャラい奴が実写の方がむかついたw
lovyn

lovynの感想・評価

3.8
45歳ファミレス店長に恋するバイトの17歳高校生のお話。
アニメで大体の内容を知っていてからの視聴だったので上手く仕上げておるな〜と感心。
最後の締め方も悪くない。
この女優さんは好みではないがハマってるのかも!
mu

muの感想・評価

4.3
上質なラブコメ
王道な感じの終わり方するんだろうなーって思わせといて
あえて結末を描かない感じが良い
小松菜奈が可愛すぎる
そして我らが大泉洋さすがの演技力
はるか

はるかの感想・評価

3.6
大泉洋の、ファミレス店長感最高だった〜!!気持ち悪さとか嫌な感じ全然しなくて、さわやかな気持ちで見れた!登場人物一人一人が素敵だったな〜。
小松菜奈もめちゃめちゃ綺麗だった!笑っちゃう場面もあったりして面白かった!
ire

ireの感想・評価

-
すきなやつです
>|