恋は雨上がりのようにの作品情報・感想・評価・動画配信

恋は雨上がりのように2018年製作の映画)

上映日:2018年05月25日

製作国:

上映時間:111分

3.7

あらすじ

「恋は雨上がりのように」に投稿された感想・評価

Moe

Moeの感想・評価

4.4
1人で鑑賞。

陸上を怪我で諦めた女子高生と、アルバイト先の45歳のおじさん店長の話。

雨の使い方が登場人物の心情にピタッとリンクしてて、爽やかで後味がよかった。
なんか頑張ろうと思わせてくれるいい映画だった。
小松菜奈ちゃんが役にハマりすぎてた。
好きな映画でした、個人的には小松菜奈さんが一番はまり役だと思った作品です。
漫画もアニメも展開が違いますが、この映画版は希望があってよかった。
ぽん

ぽんの感想・評価

4.0
原作は少しだけ読んでいて、実写映画があると知りとても気になっていました!

映像や全体の雰囲気がとても爽やかで、観ていて心地良かったです。
店長とあきらのあの二人の空気感がそのまま実写映画でも出ていて、大泉洋さんも小松菜奈ちゃんもハマり役だったと思います!
もっ

もっの感想・評価

3.6
ほんわかする、2回見た
Kjon2

Kjon2の感想・評価

5.0
大泉洋のキャラ消化力よ〜あっぱれ!
原作通りのリアルなおじさん店長だった。

漫画もだけど特にこの作品はアニメが大好きで実写版をなかなか観れずにいたんだけど、結果的観てよかったな〜

小松菜奈、独特の雰囲気だとかは唯一無二って感じで好きだけど、演技が上手いとか思ったことなくて。だけど着実に上手くなってきてるなあって思う。ちょっと「頑張れ…!」って気持ちになった(何様) 実際の陸上部はもっと細くて筋肉質なんだろうけど、あの細すぎないスラッとした体型が“陸上をやめた直後の橘”を再現できてる気がして、キャスト選び大正解!って感じ(何様)

最後のシーン、涙を堪えてちょっと震えたような声、とてもよかった。なぜか泣きそうになった。

あと、キャストが個人的にすきな人たちばかりで嬉しい。
e

eの感想・評価

3.0
何もない休み。ごろごろ日。
正直、途中飽きたけど、小松菜奈の圧倒的な美で最後まで見られた。
大泉洋の話す言葉が優しくてすごく好き。
旬の女優が揃い踏み。小松菜奈のクールビューティーな見た目と、年頃女子な中身のギャップがかわいい。好きな人と興味がない人で全く態度が変わるデートのシークエンスは、共感する女子が多そう。声のトーンも違うし、喋るとき前のめり。

あと吉田羊の母親役が板についてる。

全力ダッシュのシーンいいね〜。学生時代、課題で徹夜しながら観てた『全力坂』思い出した。このシーン含めて、見せ方が商業向けPVっぽい。監督がCMディレクターだからだろうか。終盤でジョギング前の準備運動するところとか、カロリーメイトのCMにそのまま転用できる。

45歳バツイチでファミレスの店長をしながらも小説家の夢を諦めきれない男の言葉には説得力がある。たぶん、学生の頃に鑑賞していたら小松菜奈に共感したのだろうが、いまはどちらかというと哀愁漂う大泉洋を応援する気持ちになる。そういう意味で、一見すると若い女性をターゲットにしたラブストーリーに思えるけど、大人の男性も共感できる作品だと思う。

アキラも店長も、時期は違えど「失恋」を経験する。それでも、雨上がりのように晴れ晴れとした後味だ。二人が抱えるのは、消極的な未練などではなく、未来への希望を託した執着である。こんなことをいうと店長は否定するだろうが、僕は彼をかっこいいと思ったし、本で溢れかえった部屋を羨ましくも思った。「若さっていうのは時に乱暴で凶暴なものなんだ。それでもその時に感じた感情というのは、いずれかけがえのない財産になる」。
古川

古川の感想・評価

-
「寄生獣(山崎貴)」/「羅生門(芥川龍之介)」
>|