恋は雨上がりのようにの作品情報・感想・評価・動画配信

恋は雨上がりのように2018年製作の映画)

上映日:2018年05月25日

製作国:

上映時間:111分

3.7

あらすじ

「恋は雨上がりのように」に投稿された感想・評価

小松菜奈ちゃん演じるあきらがめっちゃ可愛い。原作の漫画も読んでるけど、雰囲気合ってる。同じデートコースでも、好きな人と行くのと、興味ない人といくのでは180度違う!!まっすぐ店長に気持ちを伝えるところが危なっかしいけど、なんともかわいい。
大泉洋の店長は、よくぞ、欲望に負けず、いい関係を作った。むっちゃ偉い!図書館デートでおススメの本を聞くあきらに、読むべき本は人によって違うから教えられない。いま、自分のことを呼んでいる本を見つけてごらん、的な返しは素敵だったなー。人におススメするのは難しいけれど、自分が好きな本を教えることは出来ると思うのよね。だから、私は好きな人や尊敬する人におススメは聞かない。私が知りたいのは、あなたが好きな本や映画が知りたいのだ。
SEKAI91

SEKAI91の感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

陸上競技に打ち込んできたが、アキレス腱のけがで夢をあきらめざるを得なくなった高校2年生の橘あきら(小松菜奈)。放心状態でファミレスに入った彼女は、店長の近藤正己(大泉洋)から優しい言葉を掛けてもらったことがきっかけで、この店でアルバイトを始めることにする。バツイチ子持ちである上に28歳も年上だと知りながらも、彼女は近藤に心惹(ひ)かれていく。日増しに大きくなる思いを抑え切れなくなったあきらは、ついに近藤に自分の気持ちを伝えるが……。

なんか好きな人とのデートの時はお洒落してくる、あきらが可愛かった、、
店長だけに見せる笑顔にキュンキュンしましたね、、

店長は何故、あんなにバイト仲間から嫌われているのかが不思議、、驚
neo1018

neo1018の感想・評価

3.5
女子高生とファミレス店長のオジサンとのストーリー。あらすじ紹介にあったワード『人生の雨宿りの物語』が素晴らしい表現だと思う。マンガ原作は読んでいたので、変な恋愛モノではないのは知っており、安心して?観れた。キャストも良かった。
何かに疲れたり悩んだりした時にも、スッと観れて何となく力が抜けて、タイトルの通り清々しくなれる作品。
画が凄い綺麗だった。
個人的にこういう画好きだなあと。
オープニングのあきらが走り出していくシーン、ポルカの曲と雨上がりの晴れた所を疾走していて、一気に惹き込まれたなって感じた。
題名にもある様に天気と心情がリンクしてるのもまた良かったというか。
怪我をして大好きな陸上への想いと恋への葛藤がずっと続く雨で、だんだんと気持ちが変わるに連れて晴れていく様子が、あきらや店長の心情を更に分かりやすくしてて見やすかった。
自分も元々運動部で少し大きめの怪我をした事があるから、あきらの仲間から取り残されていく感が凄いわかるし、戻るきっかけが欲しいって心情も凄い感情移入できた。
原作はずっと気になってて1巻だけは見ていたけど、また原作読み進めたいな。
でも何より、磯村勇斗の加瀬さんが良すぎてあんな人(先輩?)職場に欲しいと強く思った。
何ってこの作品の1位2位争う位の感想がこれって事件。
skmt

skmtの感想・評価

3.5
本を見つけに行こうかな
ゆり

ゆりの感想・評価

4.5
真っ直ぐな恋っていいなあ…
30歳も違うと少しセクハラとか色々頭によぎってしまうけど、主人公がすごく真っ直ぐに物事捉えるから純白でとても綺麗に見えた👏🏻
シーンが切り替わる寸前に小声でいうセリフが面白い😂笑

印象に残ったセリフ
「何かが代わりになっちゃうのなら、そるは本当に好きとは言えないよね」
nawy

nawyの感想・評価

4.0
おっさん×女子高生という恋愛物の設定が受け付けなくて敬遠してたけど、ふとYouTubeで見たアニメのカットの雰囲気が良くて、アマプラでアニメ見たら感銘を受けてしまった。当然の流れで本作の実写へ、、、

まずキャストの配役が完璧だった。小松菜奈は魅力的な女優だと思ってたけどしっかりと彼女の出演作品を見たことが無かった。今作の陸上部の役、スタイルといいぴったりだった。大泉洋も原作とはまた違った大人の魅力があったように思う。清野菜名も重要な役どころがしっかりハマっていた。

後半の改編も綺麗にまとまっていてアニメ版より良いラストなんじゃないかとすら思えた。爽やかな気持ちになれる映画。
maco

macoの感想・評価

3.5
程よい距離で、答えを言うんじゃなくて悟す感じ。どこか遠慮がちで、店長も学生もそれぞれが魅力的に見えて、それらの掛け合いが良かった。天気での気持ちの表し方が好き。
>|