恋は雨上がりのようにの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

恋は雨上がりのように2018年製作の映画)

上映日:2018年05月25日

製作国:

あらすじ

高校2年生の橘あきら(17)は、アキレス腱のケガで陸上の夢を絶たれてしまう。 偶然入ったファミレスで放心しているところに、優しく声をかけてくれたのは店長の近藤正己(45)だった。それをきっかけにあきらは、ファミレスでのバイトを始める。 バツイチ子持ちでずっと年上の近藤に密かな恋心を抱いて…… あきらの一見クールな佇まいと17歳という若さに、好意をもたれているとは思いもしない近藤。しかし近藤へ…

高校2年生の橘あきら(17)は、アキレス腱のケガで陸上の夢を絶たれてしまう。 偶然入ったファミレスで放心しているところに、優しく声をかけてくれたのは店長の近藤正己(45)だった。それをきっかけにあきらは、ファミレスでのバイトを始める。 バツイチ子持ちでずっと年上の近藤に密かな恋心を抱いて…… あきらの一見クールな佇まいと17歳という若さに、好意をもたれているとは思いもしない近藤。しかし近藤への想いを抑えきれなくなったあきらはついに近藤に告白する。 近藤は、そんな真っ直ぐな想いを、そのまま受け止めることもできず―― 真っ直ぐすぎる17歳、さえない45歳。ふたりに訪れる、人生の雨宿りの物語。

「恋は雨上がりのように」に投稿された感想・評価

しょ

しょの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

原作未読。
この二人で映画化すると知り、アニメは見てみました。
青春の初々しさ・瑞々しさと、そこを通って諸々経験してきた大人の渋さの両方がいいバランスで好きなお話。

一緒に行った小学校の頃からの親友は、洋ちゃんと戸次さんの言ってることがよく分かったから、自分はもう小松菜奈の方じゃなくてこっち側の人間なんだ…って思ったとしみじみ言っていました。そりゃそうだよ、私たち三十路過ぎてますから笑。

個人的には戸次さんが洋ちゃんに言った、「俺たちは大人じゃねえよ、同級生だろ」という台詞が、その彼女と観に行ったせいなのかどうしようもなくグッときて、泣きそうになりました。

一人で行ってたらまた感じるものが違ったかもなと思いました。やっぱりたまには誰かと観るのもいいな。
恋愛映画好きじゃないけど大泉洋と戸次重幸の共演目当て見てみるかーぐらいの気持ちで見た思った以上に良映画でびっくり。ストーリーも音楽もいいし、小松ちゃんが美しすぎました…。あと、ナックスファンには胸熱なシーンもあって長年のファンは泣きそうになってしまいました。
原作もアニメも観てて、実写映画ってなるとやっぱりどこかしら違うなと思う場面があるけれど、本作はそんなことを感じさせない良さがあった。
始め、坂道のアポロンを観た後の小松菜奈は不安しかなかったけど、かなりドンピシャでハマってた!

このレビューはネタバレを含みます

原作ファン、終わってしまって悲しい。
もちょい加瀬さんの方の話の終着点を見たかった。
でも漫画の終わり方は本当に最高。
映画化される前は店長は堤真一であきらちゃんは橋本愛かなとか思ってたけど小松菜奈ッッッ
美しすぎるし何その透明感...。
どこか妖艶なのに泣いてる顔は年相応っていう、奇跡か。
廊下の背もたれに体重かけて紙パックのジュース飲んでるとこまんま漫画のあきらちゃんだった...凄い。
ビクッとした時の猫的な動きとか凄くっぽかった笑
そしてまだ何ミリか程はつ、堤真一版見たかった...感が無きにしもあらずだけどッそっちはまだ本気出してない方に託すとしてッでもッやはり大泉洋。
最初入ってきて「もっと食べなよ?」って上から見下ろすように言うシーンを見てそりゃ惚れるわって思った。
でもまだ魅力が存分に出し切れてないようにも思う。
原作自体が独白の多いまるで小説の様な、登場人物の心の動きを地の文から読み取るような雰囲気がある作品だったからそこが少なかったのがちょっぴり残念。
店長の頭の中で恐らく活字化されて出力されてるであろう橘さんへの衝撃や揺らぎ始めた自身の気持ちの描写を画面から今一読み取れ無かったなとか骨の髄まで本の虫感が薄かったなってのも少し残念。
と同時に、明るいテンポ爽快な話運び爽やかな情景一つ一つどれもぐっと来たけれど全てがあきらの物の様な印象で。原作の持つあきらの世界と店長の世界との微妙なバランスというか本来混じり合わないはずの静と動の世界が何とか混じり合ってる均衡というか。それがちょっと薄いかなという印象だった。
店長側が薄味なのかな。もしくは店長側までもがあきら的前向きさに寄りすぎたのかな。
何だろうそもそも原作の店長の方も年の功のせいあってか割とひょうきんおじさんだけれどご本人そのものの中身は一人雪の日にラジオしかない部屋に籠もってひたすら原稿に向き合う寡黙おじさんっぽいというか。
こう実社会で表現される外面の彼と本棚ぎちぎちの小部屋に押し込められた本当の自分、彼の脳内で展開されてる真正の思考や内面の部分には大きな隔たりがある様に感じられて。
その誰にも気にかけられなかった側面誰にも見せなかった側面をあきらは垣間見た的な。
殻の中に店長自身が押し込めて自分は蝉の抜け殻だ...って言ってるのを側で聞いた的な。
外面と内面とのブレ、隔たり店長の弱さを見た的な。
一方的に大人な店長にどうにもならない若さから来る苦しみを気持ちの面で支えて貰うだけじゃない的な。
だからこそ店長に関してはおじさんと高校生は駄目だよ君の気持ちには答えられないっていう「大人」な外面だけじゃなく、ああ僕は橘さんが好きなんだ...とかせめて彼女の不安を取り除いてやりたいとか殻から漏れ出てくる奥底の本心をこそ見たかった。
で、最後の最後にはオールバックも解いて完全なる部屋着自室ありのままスタイルであきらと一日過ごすってのが、文字通り誰にも知られることの無かった部屋に彼女を招き入れたって感じでそこでようやく一人の人間として一対一って感じがして好きだった。
そしてそんな感じの大泉洋が見たかった(落涙)
今の感じだと橘さんのゴリ押しを一歩離れた距離からいなしてる大人で止まってる気がした。
もっと全力で泥クチャになる大泉洋が見たかった。かっこ悪いほど全力でへにゃへにゃになりながらおじさんだよぉおじさんだよぉ言ってるのにビタ一大人の余裕が無いがしかしそれが一周回って格好いいし愛おしい的な大泉洋が見たかった。
全編エモーショナルなシーンは本当に素晴らしい。
音楽が鳴って駆けだして映像のキレが増すシーンはどれも素敵だし、車の中でのデートしてくれるんですか!のシーンもこれこそが求めてた実写版二人の形!って感動した。
反面平素の部分が少しそんなにって感じだった。
台詞が重たいせいなのかな。
なんかもっとなんか!って気持ちだった。
九条先生はもっとアニメ版くらい店長にヤな顔されるほど押せ押せうぇえ~い!で来て欲しかった笑
あとゆいちゃんと吉澤の最後のくだりは原作の顛末を知るだけに胸がきゅっと苦しくなるパラレルワールドだった...。
でも全体的には満足だったなぁー。
エンディングのアニメパートも好き。
あ、あとお母さん良かった!
しかし不運なことにずっと横でガタガタひそひそ話してる観客になんでやっなんでやっ静まりたまえ...静まりたまえ...って悲しむ瞬間も多かったから今一集中できず見逃してしまってる部分も多い気もする。
でも良い爽やかな映画だった。
ラスト凄く好き...。
映画版のあきらちゃんと店長の物語のスタートはこれからだ。
リサ

リサの感想・評価

3.8

とにかく爽やか!
OPも良いなと思いました

小松菜奈ちゃんが可愛すぎる、、

大きい出来事が起こるわけでもなく、割と淡々と物語は進んでいきました。
そこがつまらない、と感じる人にはつまらないかも、、、

でも観ていて癒される映画で、良かったです。
sio9876

sio9876の感想・評価

4.0
なかなかよい映画でした。
女子高生がおじさんに恋をするというつかみで見事に引き込まれ、最後まで退屈することなく観ることができた。
特に印象に残っているところは、図書館でのシーン。ぼくも自分のことを呼んでいる本、自分に必要な本を見つけたいと思った。

とにかく、小松菜奈の足は最高なので観るしかない。
小松菜奈ちゃん見たさに。

綺麗でした
青春を感じられて
気持ち良い映画
m

mの感想・評価

5.0
小松菜奈ちゃんが好きで見に行きました。
でもそれ以上に作品が素晴らしかったです。
小松菜奈ちゃんの走る姿が本当にかっこよかったです。
自分も劇中のあきらのように走りたいと感じました。

あきらの純粋な気持ちに心打たれました。
高校生という若さで挫折を味わい、また次に向けてステップアップしようという気持ちが素晴らしいと思いました。
ゆ

ゆの感想・評価

4.0
爽やかな映画🎬
面白さもあり。
小松菜奈ちゃんがきれいで役にぴったり!
Hazuki

Hazukiの感想・評価

5.0
めちゃめちゃよかった✨
見ると明日から頑張ろって思える!

恋すること自体が素敵だと思う!