恋は雨上がりのようにの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

恋は雨上がりのように2018年製作の映画)

上映日:2018年05月25日

製作国:

3.9

あらすじ

高校2年生の橘あきら(17)は、アキレス腱のケガで陸上の夢を絶たれてしまう。 偶然入ったファミレスで放心しているところに、優しく声をかけてくれたのは店長の近藤正己(45)だった。それをきっかけにあきらは、ファミレスでのバイトを始める。 バツイチ子持ちでずっと年上の近藤に密かな恋心を抱いて…… あきらの一見クールな佇まいと17歳という若さに、好意をもたれているとは思いもしない近藤。しかし近藤へ…

高校2年生の橘あきら(17)は、アキレス腱のケガで陸上の夢を絶たれてしまう。 偶然入ったファミレスで放心しているところに、優しく声をかけてくれたのは店長の近藤正己(45)だった。それをきっかけにあきらは、ファミレスでのバイトを始める。 バツイチ子持ちでずっと年上の近藤に密かな恋心を抱いて…… あきらの一見クールな佇まいと17歳という若さに、好意をもたれているとは思いもしない近藤。しかし近藤への想いを抑えきれなくなったあきらはついに近藤に告白する。 近藤は、そんな真っ直ぐな想いを、そのまま受け止めることもできず―― 真っ直ぐすぎる17歳、さえない45歳。ふたりに訪れる、人生の雨宿りの物語。

「恋は雨上がりのように」に投稿された感想・評価

hical

hicalの感想・評価

4.0
あきらと店長は原作のキャラクターそのもの。
時々でる大泉洋の素っぽさが好き。
mmm

mmmの感想・評価

3.5
好きになるのに理由はいらないって小松菜奈ちゃんにせがまれたら幸せすぎる!まっすぐな恋!素敵✨!!何事においても自分に素直になろうと思える映画😊
レム子

レム子の感想・評価

4.0
映画館で2回観た。 小松菜奈がいるだけで最強。フロントメモリー良き
めちゃめちゃ好きだ〜この映画好きだ〜!
私も年上大好き人間(男女関係なく)なので、この手の恋愛は共感しまくりでした、、

プラス10年間陸上をやっていたこともあり(中距離だけど)すごく熱い気持ちになれた、思い出したあの青春!
個人的に小松菜奈はこの世で一番好きな女優だから外れないと思ってたけど間違いない配役でした。
大泉洋だからあのおじさん感許されるんだろうなあ、、熱!
しゅー

しゅーの感想・評価

4.3
恋は雨上がりのように観ました。
炎上して誰が何言おうが、2018上半期ベストの映画です、ええ。
切なく甘酸っぱいだけじゃない。
大泉の何者でもない感じが、作品のクオリティをぐっと上げる。
セリフも原作と一言一句同じらしく文学的な領域。
あきらの疾走シーンはどうやって撮ったのってくらい切る風が見えるよう。
主題歌のフロントメモリーも爽やか。
「実力があるが肉体的な理由で陸上を辞めた女子高生」と「実力はないが精神的な理由で文学を続けるファミレス店長」ってのもしっかり対比されてる。
氷取沢かと思ったら氷取沢だったロケ地。
基本大泉が「○○なのよー」口調なので、どうでしょうismを感じて笑いそうになる。
客層がマジでおっさん1人が多すぎたのが残念、やっぱ世間から敬遠されてるのかなあ。
とはいえぜひ観に行っていただきたい。
MOE

MOEの感想・評価

4.7
1人で鑑賞。

陸上を怪我で諦めた女子高生と、アルバイト先の45歳のおじさん店長の話。

雨の使い方が登場人物の心情にピタッとリンクしてて、爽やかで後味がよかった。
なんか頑張ろうと思わせてくれるいい映画だった。
小松菜奈ちゃんが役にハマりすぎてた。
ようた

ようたの感想・評価

3.9
原作大好きなだけに、、大泉洋もよかったけど、堤真一の方が、、さすがに年取り過ぎか笑。
原作の印象的なシーンをあえてラストに持ってきたり、原作では表情と口パクだけで読者にセリフを想像させるように描かれた部分をあえて文字起こししてセリフにしたりと、良い意味で補填・発展・一つの答えを提示してくれたところは良かった。しかしそれ以上に音楽が素晴らしかった。高校生が歌う神聖かまってちゃんカバーは迷わずiTunesをポチっとした。
RIM

RIMの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

キャスティングが良い
やっぱり大泉洋最高だよお…
エンディングもいいね
さくら

さくらの感想・評価

4.0
見る前は、
大泉洋が出ているから。ネットで聞いた主題歌が耳に残っていて、映画館で聞きたかったから。出張で四国に行く予定があって、夜が暇だから。久しぶりに映画館に行けるから。
こんな理由だったけど、単純に良かった!!

小松菜奈が良かった!!

帰ってから家で別の映画(ぼくは明日、昨日のきみとデートする)を見たけど、ますます良かった!!

このレビューはネタバレを含みます

成人は、未成年に手を出してはならない。
この女子高生の恋は叶わない。二人は結ばれない。それがとても良かった。
冴えないが良識のあるちゃんとした大人と、一度は挫折したものの再び立ち上がった女子高生。
男女として恋愛関係になるのではなく、人間と人間として心からの交流をし、それぞれの道へ歩き出していく。
とても清々しい気持ちになった。