恋は雨上がりのようにの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

恋は雨上がりのように2018年製作の映画)

上映日:2018年05月25日

製作国:

あらすじ

高校2年生の橘あきら(17)は、アキレス腱のケガで陸上の夢を絶たれてしまう。 偶然入ったファミレスで放心しているところに、優しく声をかけてくれたのは店長の近藤正己(45)だった。それをきっかけにあきらは、ファミレスでのバイトを始める。 バツイチ子持ちでずっと年上の近藤に密かな恋心を抱いて…… あきらの一見クールな佇まいと17歳という若さに、好意をもたれているとは思いもしない近藤。しかし近藤へ…

高校2年生の橘あきら(17)は、アキレス腱のケガで陸上の夢を絶たれてしまう。 偶然入ったファミレスで放心しているところに、優しく声をかけてくれたのは店長の近藤正己(45)だった。それをきっかけにあきらは、ファミレスでのバイトを始める。 バツイチ子持ちでずっと年上の近藤に密かな恋心を抱いて…… あきらの一見クールな佇まいと17歳という若さに、好意をもたれているとは思いもしない近藤。しかし近藤への想いを抑えきれなくなったあきらはついに近藤に告白する。 近藤は、そんな真っ直ぐな想いを、そのまま受け止めることもできず―― 真っ直ぐすぎる17歳、さえない45歳。ふたりに訪れる、人生の雨宿りの物語。

「恋は雨上がりのように」に投稿された感想・評価

青春だったし高校生に戻りたくなった。終わり方も爽やか
主題歌のフロントメモリーが最高
鑑賞後

そう、今日は全社完全定時退勤日なので、山手線に乗って、歌舞伎町のど真ん中にある映画館に行ってきた。

ただやはり新宿恐るべし!空席は一つしかなかった。A-2…1番左端の1番前の席。

こんな席に座ったのは、梅田でロードオブザリングを観て以来。なんたって遠近感がズレる。スクリーンは緩やかな曲面。そして視界に必ず隣のおじさんが入ってしまう。でも仕方ない、せっかくきたのだから。

この映画には長回しで撮るシーンが所々あって、迫力がある。だって最前席。

映画は想像に難くなく、爽やかに過ぎていった。

客席ではちらほら笑い声が聞こえた。

大泉洋の中年男感が絶妙。子供の苦手意識から成功体験をさせようと、いい父やってます。

そして小松菜奈満喫。

そうか、風を切るって青春の象徴だよなぁ。

青春映画だな。


鑑賞前
いや〜今日観に行ったろ思てたんやけど…

未だ観ていない状態で、此処で問いたい!

面白いのか?良いのか?


そもそもですね、僕がトレンディな女優の登竜門的映画を劇場に観に行ったのは、仲里依紗の時をかける少女が最後のはずなんですよ、しかもその日の午前中は祇園シネマで剣岳点の記というね、木村大作の映画を見た後の新京極のムービックスという謎の組合せで。

それがどうして今、漫画原作のトレンディ映画を観に行こうか迷ってるのか?













小松菜奈ですよ!

単純明快。

小松菜奈観たさに映画館に行きたい。



ただ何を迷ってるかって、ただ爽やかに終わりそうなところです。いや爽やかで良いんだけど、コレ小松菜奈じゃないとダメだよね!っていう感想が欲しい。


小松菜奈の映画をいくつか観ましたが、CMでこそ個性が発揮されつつも、映画ではイマイチ上手く使われてない気がするんです。ちなみにnever young beach のPVがダントツでお気に入りだが、



映画だと、溺れるナイフの、大友と望月の会話がBest な訳です。バッティングセンタと、カラオケのシーンが。いやこれは大友役の青年の手柄のような気もするけど。

この壁を越えてくれるかどうかで、地団駄を踏んでいる。


なんと小さい…



観にいったら感想を書きます。


余談
昨今、蒼井優しかり小松菜奈しかり、10人全員が美人と言うわけでもないが素敵!な女優さんが多く出てきている。これを個性派とラベリングして良いのか?

もたいまさことか樹木希林くらいになると、個性派でしょう…

じゃあどうして蒼井優や小松菜奈が良いという野郎達と、いやいややっぱり広瀬すずみたいな王道でないと、という野郎たちがいるのか…しばらく考えていたわけです。

1つの見解が得られました。
まず、画面の中で顔をアップに取れば、美人の圧勝です。

ただ小松菜奈の顔が、山田花子くらいの背格好についていたら個性派になろうけれども、彼女たちはモデルというだけあって、8頭身くらいある。

つまり今の流行りは、個性派の顔とスラッとしたスタイルなんですよ。

だからたぶん、画面の中ではなく本物を眼前で見たらオーラがハンパないに違いない。

それともう一つ言えば、今日本人は疲れてます。疲れた野郎には安定した愛が欲しい!

つまり彼女達は安定した将来が見える顔なんですよ。彼女も良いけど結婚相手が良いとか言う奴です。だからですね、小松菜奈は個性派ではないわけです、むしろ時代の王道なのですよ。

ただ残念なことにその時代の王道を活かしきれてないのが今の日本映画界ですよ!

さっきちょうどバクマン。を観たのだけれど、あれは小松菜奈出なくてもできる役です。

確かに時をかける少女しかり、昔だと川端康成原作の伊豆の踊り子とかね、トレンディな女優の登竜門とした映画が毎年あって、最近なんか昔に比べて純愛熱が沸点を超えてじゃんじゃん沸いてるもんだから、別にその人じゃなくてもできるカタチだけの役にトレンディ女優を抜擢する傾向はあるんだろうけど、いやはやもったいない!
re

reの感想・評価

5.0
元々漫画がとても好きで実写化映画になると聞いた時はまたか、、と思っていましたがキャストを見てどのキャストも皆さん合いすぎるなとこれは観ずにはいられないとずっと楽しみにしてた映画で今日やっと観れました!!小松菜奈ちゃん美しすぎるしあきらちゃんに合いすぎるし大泉洋さんも店長すぎるなってかんじ、、今日はちょうど雨だったので雨の時の高校時代を思い出しました!!
映画の雰囲気も全て最高な映画です。廣田あいかちゃんが好きなので好きな漫画に好きな子が出てくる嬉しさ、、廣田あいかちゃんをキャストに使ってくれてありがとうございます。最後に流れるフロントメモリーのタイミング良すぎやわ、、、とても良かった。
まずは小松菜奈さん異次元にきれいすぎる。
ストーリーの変に生々しくないけど自然な感じ、主人公のクールなのに恋愛になると可愛くなる感じ、音楽、映像、よかった。
人を好きになることの尊さを感じました。
arisa

arisaの感想・評価

3.8
小松菜奈の美しさ
大泉洋は変わらず好き

作品全体の雰囲気が澄んでいて好きでした
ゆい

ゆいの感想・評価

4.5
走る楽しさが伝わってきた、走る楽しさを思い出した。
未練じゃなくて執着、思い出したときにきっと記憶として、言葉をしっかり覚えていないからもう一回、もう何回かみたい…!
まかないもデート服も素敵です。
最後のあきらの顔がどんな言葉で表すにしても軽薄になってしまいそうなほどで、余韻が残っています。

梅雨だからこその、雨だからこそ、
映画で雨を見るともっともっと雨が好きになる。
公式HP見たらなんか今時の女の子ばっかり見てそうな感じになってるけど、私の中では年齢も性別もなくいい映画だと、思う…!!!きっと!
小松菜奈と大泉洋目当てで見たけど話も良かった

あと音楽がとても好みだった
オープニングが素敵だったし
随所の音楽もすごくよかった
エンディングの曲は頭に残って離れなくなった笑

小松菜奈はすごく可愛かったけど、それだけじゃなくて見てよかったなあと思えた!
ただ、話がてんこ盛り(?)登場人物が多すぎ(?)てもう少し真っ直ぐ話が進んでくれた方が更に好きだったかなあ
kazu

kazuの感想・評価

4.3
久々にエンディングで息苦しくなるやつなった。
走りたくなったし本読みたくなった疲れた
mana

manaの感想・評価

4.1
やっぱり大泉洋、大好き。
小松菜奈の母役が、吉田羊なのもたまらん。浜辺でブルーのワンピースを着てかけっこ教えているシーンが、淡くて綺麗だったなぁ。
Toshiaki

Toshiakiの感想・評価

3.4
大泉洋と小松菜奈の空気感というか、二人のバランスがすごく良かった。
スピリッツは毎週買っていたにもかかわらず、この作品の原作は飛ばしていたので未読。今度機会があれば読んでみよう。