yuki

ゲティ家の身代金のyukiのレビュー・感想・評価

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)
3.5
2018年劇場鑑賞44本目。

どこかのスペイシーさんがセクハラ問題で降板になったのをものともせず、10日足らずの再撮影でプラマーさんオスカーノミネートという離れ業。これがすごい迫力だった。しかも登場回数多くてすごい。これ公開までによく間に合ったなぁ。すごい。

誘拐犯とのスリリングな駆け引きを期待したらそういう作品じゃなかったのでちょっと拍子抜けしたけど、これはそれを求めた私の間違い。
そこを描いたものではなく、ゲティ家の人間ドラマだった。

身代金の拒否はまぁわかるとして、その後そこをケチるのか。そこまでするのか大富豪。孫のためなのに。美術品には目がない描写を挟んでるのでゲティさんを語る上でとてもいいエピソードだし、そもそもここも実話。その徹底ぶりはすごいわ。人に対する愛が存在してない。

一番悪くて最大の敵はもちろん誘拐犯ではあるけれど、まず相手にしなきゃいけない義理父。あの義理父を相手にするゲイルの心労たるや。あの置き物がわかるシーンのミシェル・ウィリアムズはさすがだった。
久々のロマン・デュリスはビジュアルが汚くてちょっとあれだったけどおもしろいキャラクターだった。

お話そのものがおもしろいので楽しめたけど、作品としては前半がつまらなかったかな。意外とダラダラしててエンジンかかるまでが遅かった。

このゲティさんについていろいろ調べたらドケチエピソードが多くておもしろい。結婚も5回もしてるのね。