WM

ゲティ家の身代金のWMのレビュー・感想・評価

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)
3.0
実話を基にした一部フィクションのサスペンスです。
スキャンダルによるメインキャラの交代と、追撮時の男女間ギャラ格差とかで残念なケチがついてしまった作品でもあります(´・ω・`)

お話としては誘拐による身代金事件なんですが、話を複雑にしてるのはゲティさんがとてつもなくケチだということ。いい見方をすると節約家だといえるのかも知れませんが、理解に苦しむ考えもあります。そこがある意味この作品の見所ですね(о´∀`о)

かなりショックなシーンがあって、辛かったです(-_-;)
事件のことを知っている人には当然入ってくるとわかっていたシーンなんですけど、知らなかった……
調べてみると海外のポスターはそれを全面に出してましたね(´д`|||)

ほぼ撮り終わってからの再撮影らしいのですが、かなりのシーンを撮り直したんだとビックリです。
でも話題になるようにクリストファー・プラマーは素晴らしい。観ていて引き込まれるようです。

激しいアクションもなく淡々と進むので、そこで好き嫌いが別れるかも。
事件について少し調べて知っておいた方が話を掴みやすいと思いますよ(*´ω`*)