背骨

ゲティ家の身代金の背骨のレビュー・感想・評価

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)
4.1
シナリオ・演出・撮影・編集と各パート緻密で隙のない作り込みで、それらがこれ以上ないくらいバランスよく組み上がった映画としての完成度には賞賛しか浮かばない。

さらに誘拐事件を中心にしつつも、それだけでは終わらないスケール感が他のエンターテイメント映画との決定的な差。

この映画はこの世界のルールとも言えるJ・P・ゲティに対してその権力下で生きる者達が、自らの尊厳をかけて足掻き、抵抗する群像劇でもある。

そしてやってくる事件の決着とゲティ終焉の時。栄枯盛衰はこの世の常。
どんなに大きな力でもいつかは途絶える。

祇園精舎の鐘の音が聞こえてきそうなラストに震えましたね♪