シネマJACKすぎうら

ゲティ家の身代金のシネマJACKすぎうらのレビュー・感想・評価

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)
3.0
ケガの光明というか、
大富豪ゲティの役はケビン・スペイシーよりも、クリストファー・プラマーの方がハマってるのかも。
得体の知れない彼の闇の深さみたいなものを、見事に演じ切っていた。

ただ、映画全体としては
今ひとつ響かなかった。
終始、緩むことのない緊張感は
リドリー・スコット流石の演出だが、
なにか、物語の焦点が絞りきれていない印象。

前述のゲティ一世の奇異な人間性なのか、
誘拐犯とゲティ三世の間の感情の機微か、
ミシェル・ウィリアムズ演じる母親と犯人、そしてゲティ一世との攻防か。
マーク・ウォルバーグをもっとヒロイックに扱ってもよいかも知れない。

ただし、この中から1つを選ばなければならないのだろう。

さもなくば、、
イニャリトゥの「バベル」てきな群像劇とするには、強力で深遠な横串が必要なのだ。