ユンファ

ゲティ家の身代金のユンファのレビュー・感想・評価

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)
3.1
リドスコにしては珍しい、直球な娯楽作。
やはりこの手のジャンルはトニーの方が合っている。
トラップ大佐でお馴染みの名優クリストファー・プラマーは素晴らしいが、再撮影による突貫工事感は否めず、群像劇として人物を上手く描ききれていない。
物語的にもサスペンスが足りず、頑なに金を払わないジジイ、貧乏を嘆く母、何もしない雇われ交渉人、脱出を模索する孫、その孫と交流する誘拐犯が、順繰りに描写されるのみ。
自力で頑張ってるのは孫だけで、結局みんなジジイが頼りなのだが、ジジイはジジイでクソなので、誰にも感情移入し難い。
誘拐犯たちが、あの後どうなったのか全く描かれないのも気になる。
決してつまらなくはないが、オレはコヴェナントの方が好き。