水のま

ゲティ家の身代金の水のまのレビュー・感想・評価

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)
3.6
誘拐された孫、ポールのwikiを読んで比べると、実話を映像作品にしてゆくプロセスが分かりやすくて面白かった!数字とか、母親とか。
あと、退学させられた理由は実際は壁にペンキを塗りたくったからなんだけど、放火にして、炎が効いてくるところがいいよね。
ゲティ氏も途中のシーンで暖炉の前に小型ヒーター置いて暖をとってたけど、大事なところではメラメラ炎が燃え上がっている!

metoo&time's upで紆余曲折あったようだが、クリストファー・プラマーでよかったよー、この役は!ミシェルウィリアムズ、これからもファンとして支えてくぜ。