すー

ゲティ家の身代金のすーのレビュー・感想・評価

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)
3.0
ケヴィン・スペイシー問題がささやかれ、代役のクリス・プラマーがいい演技をしているとの評判も聞くがそもそもクリス・プラマーだから代役だろうがなんだろうがいい演技するだろって思うけど。まあクリス・プラマーが演じたことでゲティ本人には近づいたかもしれないなと思った。

誘拐劇とじじいと母親の戦い、更に誘拐犯と息子の駆け引き等ストーリー展開はリアルで良かったがまあ予想の範囲内の映画ではあった。母親はまあ一般人よりなので共感出来るがゲティ自身はちょこちょこ発想がついていけなかった。ローマの遺跡での息子の会話等々。

まあ私はちょろっとしか出ないステイシーマーティンが見れて満足です。冒頭から出てきてくれたしね。