ゲティ家の身代金の作品情報・感想・評価

「ゲティ家の身代金」に投稿された感想・評価

【ネタバレなし】
金は腐るほどあっても身代金はびた一文払わない…

予告とかでは、笑いもアリ?みたいな作品かと思っていたら、ひたすらシリアスでした。

現在の犯罪映画の流れからすると、どうしても地味であることは否めないんですが、映画としては凄くまとまっていて、見応えのあるストーリーに引き込まれました。

急遽ゲティ役のケヴィン・スペイシーの代役として、限られた日数で演じたクリストファー・プラマーはゲティ本人にしか見えなかったし、ミシェル・ウィリアムズも、色気を完全に封印して葛藤し苦悩する母親だったし、同じように筋肉とアクションを封印し、台詞回しだけで頼れる雰囲気を醸し出すマーク・ウォルバーグもカッコ良かった。

そして、帰宅してパンフを読みながら余韻に浸ってたら、なんと…あの老人が、ティモシー・ハットン!?『タップス』『コードネームはファルコン』などで繊細な青年だった彼が…。

こんな事件が本当にあったかと思うと、決して観て損な作品じゃないです。
歴史の1ページ、少し前の時代(日本では昭和の中頃)の空気の再現も大きな見所のひとつです。
興味があるようでしたら是非!
青猫

青猫の感想・評価

-
金持ちクソジジイ
hiromix

hiromixの感想・評価

2.6
ゲティお祖父さんのドケチっぷりが凄い!クズすぎる!
金持ちってやっぱケチじゃないとなれないんだな。
耳のシーンはものすごくリアルだし痛々しくて直視できなかった。
お金って怖い。
ma

maの感想・評価

3.0
黒焦げとみみ
もちこ

もちこの感想・評価

2.9
ながい、耳いたい
jjjk

jjjkの感想・評価

4.2
重厚感のある佇まいの映画だけど、ストレートに面白い!

まずストーリー云々以前に、画面から漂う重厚というか荘厳な雰囲気。インディーズ映画の愛らしい佇まいや、お金がない中で創意工夫した画面も好きだけど、リドリー・スコットのドッシリとした映像大好き。映画観てるな〜って気分になれる。

作品の雰囲気で思い出したのは、同監督の「悪の法則」。色々深読みできそうなところとか。あと、裏組織の実態の掴めない感じの怖さ。誘拐の主犯格であるアイツ側の視点からみても、どこに転がってくか分からない、もう後戻りは出来ない歯車が動き出してしまった感。でも、組織のひとりひとりは血の通った人間だから、どこか間抜けな部分も、似てるなあと思った。

そしてなんといっても、クリストファー・プラマーのクソジジイっぷりは、むしろ清々しいほど。短期間で撮り直したとは思えないほどの違和感のなさと、ハマりっぷりだった。あのジジイは最低だけど、まあ結局金はあるなら越したことはないよね、みたいな結論に思えて皮肉効いてるなーと思った。

ところどころ、すごい雑なところあったり、もうちょい説明してよって思う分かりづらい部分もあるから、アレなんだけど、個人的には娯楽作的な意味ですごーい好きだった。おすすめです。
うっわーゲティ...!笑

金持ちはケチとは言うけどさ、次元が違う...
ケチっぷりがすごすぎて厭っていう気持ち通り越して笑えてくる。

公衆電話のくだりはひどい笑
しかも実話っていうんだから。

んでラスト付近のあれは最高に最悪!
身の毛がよだちました。下手なホラーよりゾッとする。
カンストしていたはずの嫌悪感が限界突破の爆上がりです。

なんでおじいちゃんより誘拐犯の方がポールに親身なんだよみたいなところも面白い。

散々なゲティっぷりを見せられるんですけど、それだけでは高評価にはなりません。

まず映像の質感がすごく好きでした。
特に最初の白黒から始まって徐々に色鮮やかになっていく画面が堪らなく好きです。

誘拐されたポール側のエピソードも細かいところに凝っていて良かったです。

悪かったところは、映画の裏のゴタゴタですかね笑
映画の出来とは関係ない!と思いつつもどうしても意識してしまう。
内容が内容だからねー。代役の件はまだしもギャラ問題はどうやったってリンクさせて観ちゃうよ...
Fjmr93

Fjmr93の感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

あらすじ見て、面白そうと期待して見たら、うーん、いまいち盛り上がりきらずに終わってしまったような、、、。
これだと、身代金払うって決めたのは、部下に脅されたからじゃんってなってしまった、、、。
コミカルではないけど最初の誘拐犯割と頭悪いし、最終的にはご都合キャラになってない?

このレビューはネタバレを含みます

はーしんど。
>|