ゲティ家の身代金の作品情報・感想・評価

ゲティ家の身代金2017年製作の映画)

All the Money in the World

上映日:2018年05月25日

製作国:

上映時間:133分

ジャンル:

3.5

あらすじ

“世界中のすべての金を手にした”といわれる大富豪ゲティ。17歳の孫ポールが誘拐され1700万ドルという破格の身代金を要求されたゲティは、こともあろうことかその支払いを拒否。彼は大富豪であると同時に稀代の守銭奴だったのだ。離婚によりゲティ家を離れ一般家庭の人間となっていたポールの母ゲイルは、息子のために誘拐犯のみならず【世界一の大富豪】とも戦うことに。警察に狂言誘拐を疑われ、マスコミに追い回され、…

“世界中のすべての金を手にした”といわれる大富豪ゲティ。17歳の孫ポールが誘拐され1700万ドルという破格の身代金を要求されたゲティは、こともあろうことかその支払いを拒否。彼は大富豪であると同時に稀代の守銭奴だったのだ。離婚によりゲティ家を離れ一般家庭の人間となっていたポールの母ゲイルは、息子のために誘拐犯のみならず【世界一の大富豪】とも戦うことに。警察に狂言誘拐を疑われ、マスコミに追い回され、疲弊していくゲイル。一方、一向に身代金が払われる様子がないことに犯人は痺れを切らし、ポールの身に危険が迫っていた。それでもゲティは頑なに支払いを拒む。愛する息子を助け出すため、母は一か八かの賭けに出るのだった…。

「ゲティ家の身代金」に投稿された感想・評価

ジャン・ポール・ゲティの人間性を、他人の痛みが分からない単なる金の亡者、という説明で終わらせなかったことに本作の魅力があると思います。

彼が心の奥底で追い求めていた"バラの蕾"が何か示される場面に滲む孤独と空虚さは、胸を締め付けるものがありました。

「人間は信用ならないが、美術品は裏切らない」と豪語する彼が、絵画の向こう側に"極めて人間的なもの"を見ていたというのは切ない皮肉でした。
実話ネタ。孫の身代金を拒否した大富豪の話と聞いて期待値が上がったけど、中身はあまりなかった。同じ大富豪誘拐実話ネタなら『ハイネケン 誘拐の代償』の方が面白かった。
りお

りおの感想・評価

2.0
予告編で気になったので。
大富豪ゲティの孫ポールが誘拐され、誘拐犯から巨額の身代金要求を受けた母親ゲイル。
ゲティの息子である夫に愛想を尽かしゲティ家を疎遠になっていたゲイルは愛する息子の命を救う為、ゲティのもとを訪れるのだが、ゲティは断固として身代金の支払いを拒否。
思惑が外れたゲイルと誘拐犯はゲティから何とか身代金を引き出そうとそれぞれの立場からゲティに根気強く交渉するが・・・
まずこれ、実話なことに驚き。
孫の命とお金、お金の方が大事なんですね・・・
老い先短い年寄のくせに、そんなに稼いでどないする。
あの世にお金は持っていけんぞ?
誘拐犯とゲティの板挟みになる母親ゲイルがとにかく可哀想でならなかった。
誘拐犯がだんだん焦ってポールに危害を加え始めるシーンは直視出来た人、いたんだろうか?
身代金を出し渋り続け、さんざん引っ張っておいてあのラストは少し拍子抜けした。
miyu

miyuの感想・評価

3.8
また、また、京都シネマで上映していた映画を今頃鑑賞。。。

ケビン スペイシーが、セクハラ疑惑で降板した為、クリストファー プラマーが短期間で代役をやる事になった…って 話題になっていたが…
クリストファー プラマーの為の役の様に思われるぐらいピッタリだった…
(確かに、癖のある役が上手い ケビン スペイシーも きっと この役をやりこなすに違いないだろうが…)

実話を脚色した話らしい…

大富豪の孫が誘拐され 身代金を要求されたが…
彼は支払いたくないと…

しかし、作品を見ていて
家族や仲間で、誘拐組織みたいなんが
出来上がっていて、それがビジネスとして
成立している感じが見てとれた…
チョット 『ゴッドファーザー』の様なファミリー的な…

この物語…
つまらないヒトには、つまらなく感じるかもしれない…
サスペンス要素を大いに期待したらね。。。
でも、ワタシは かなり興味深く見れた…

年老いた大富豪が 金に囚われて
金にがんじがらめになり
それを 美術品などの様に 血を通わないものに使わず…
人のために 何の見返りも求めず
有意義にお金をつかったら 彼はきっと もっと 幸せな最期を迎えた事だろう…

大体、お客様に公衆電話使わせたり…
下着を自分で手洗いしたり…
ドケチ度ハンパない…💦

出だしの撮影から 上手い…
イタリアの街を撮り
白黒映像からカラーが付いていく…
音楽の使い方も良かった…

息子の為に、必死になる母親ゲイルをミッシェル ウイリアムズが演じる。
そして、金持ちが誘拐事件の交渉人として雇った元CIAをマーク ウォールバーグ!
2人は、次第に同じ方向に向いていき…
息子救出に必死になる!

彼女が、どうやって金の亡者から
金を引き出したのか…

そのあたりも 正直
サスペンス的な盛り上がりにはかけるが…
人間の生き方を見せてくれるような
そんな佳作な映画🎬
わずや

わずやの感想・評価

3.7
見終わったあとに、映画館に張り出されている邦画の次回公開作品を見て…IPかコメディか…スケールが…なんか悲しくなった…
まつこ

まつこの感想・評価

3.6
なかなかバイオレンスな作品だった。何箇所か目を瞑って耳を塞いだのだけど家とは違うから音がだだ漏れでちょっと怖かった。変に力が入って肩が凝ったよ。

ミシェルウィリアムズとプラマー爺様に魅せられた。後、ダニエル・ペンバートンの音がいい。
ogi

ogiの感想・評価

3.8
ゲティさん!
筋が通ってるのは認めるけど、そこをなんとか…って感じです(>_<)
masatoki

masatokiの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

早くしないと孫の耳が!
当たり前ですが、映画としてはよくできてます。もう十分に楽しめます。マーク・ウォールバーグは、途中からは消えたり現れたりくらいの活躍度合い。なんだよもっとはやくジジイが死ねばよかったのに、というステキなオチ。
身代金を払うだの払わないだの値切るだのそんなかんじの130分

観る前に何故か「ゲティ家の食卓」とよく言い間違えてたのも今となってはよい思い出
>|