銀魂2 掟は破るためにこそあるの作品情報・感想・評価

銀魂2 掟は破るためにこそある2018年製作の映画)

上映日:2018年08月17日

製作国:

上映時間:134分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「銀魂2 掟は破るためにこそある」に投稿された感想・評価

kyon

kyonの感想・評価

4.0
予算も規模も、そしてオマージュ(笑)も2倍に笑わせられた。

やっぱり映画製作には予算=作品のクオリティになるジャンルがあって、特に前作と今作でそれをふと感じた。だからハリウッド並みに予算投じれば良くなるかって言われると難しいけど、少なからずエンターテイメントとしてはパワーアップした印象。

今回は将軍編を中心にしていて、キャバシーンから将軍様ゲームまでの再現度に笑い、前作より増量したモザイクに笑い。

特にアクション・シーンが良かったな。剣の殺陣の動きで別のアクション・シーンと繋がれていく感じ、ベタだけどやっぱりかっこいい。

今回、沖田が1番美味しいよなぁ笑
ふざけても真剣に戦っても2度美味しい感じがたまらなかった笑

ところどころやっぱり映画というよりはアニメを意識した画面(新選組の全員が並んでるシーンとか回想シーンとか)になってたけど、原作ものとしては銀魂からアリだと思わせるから、福田監督も色々考えてるだろうな。

あとは澤田石さんの衣装はじっくり観ると面白い。本人も雑誌で言ってたけど、『銀魂』は一応パラレル的な世界観でコメディでもあるから、時代考証が必要な作品より自由度が高いと。

だからそれぞれの衣装観ると、現代のアイテムを和服にミックスさせてたり、素材感で2次元を3次元として成立させてる部分がある。

万斉似てたなー。

あとはネコバスならぬアライグマバスは笑った笑
もはや本家からクレーム来たら完全に負ける笑

でも笑っちゃうんだよなー。
SHO

SHOの感想・評価

3.2
前作に衰えず笑える。今ならではのシーンもあっていい
銀魂1はくそ面白くなかったけど、銀魂2はまじでおもろかった
キャストが豪華すぎる!!そして、原作にめっちゃ忠実!キャスト選びめっちゃいい
みんなすげぇって思った
全力の演技がおもしろい
m

mの感想・評価

3.6
将軍が出れば間違いない!
自宅で観ましたぁ。

2作目、これもうなんとなく、
次にくるパロディがどんなんかと、
そんな期待で観てしまいますね。

今回も思いっきりジブリ。
入ってます。

今後は寅さんみたいになったらいいのになぁ。


やっぱり映画は面白い。

😁
1の方が好きだったかな!
やっぱ福田さんおもしろい
sssyyykkk

sssyyykkkの感想・評価

3.0
2019年6月16日(日)
演出とかCGとかが力不足と思う点がある気がするのですが、それすらネタにしてしまう感がある銀魂。ただそれが銀魂。
やっぱり福田監督はわかっているなと感じました。
役者さんの熱演は凄いですね。三浦春馬さんの鴨太郎は、鴨太郎の強い部分と弱い部分が、演じ分けられていて感情移入しやすく、窪田正孝さんの万斉は御庭番衆とのバトルシーンでは万斉の余裕が上手く表現されていました。
前作と変わらずお祭り映画として豪華俳優陣が完成度高いコスプレして、バカな事して、アクションする、みんなで楽しむ。そんな作品でした。
クッソ笑った。
吉沢亮格好良すぎて泣いた。惚れた。吉沢亮沼ハマった、死ぬ、、、
>|