blacknessfall

7号室のblacknessfallのレビュー・感想・評価

7号室(2017年製作の映画)
3.8
韓国映画は日本で話題になるのは人間の業を怨讐まみれの暴力にくるんだヘヴィなものが多いけど、コメディもかなりの数作られててヘヴィなのと同様上質なのが多いんだよね。
これはライトめのやつ。

閑古鳥すら寄りつかない流行らない個室DVD店で繰り広げられるブラック・コメディ。
店を開ければ借金が増える状態に嫌気がさし店を売りたい店長と、ある事情から多額な借金を背負い麻薬の運び屋をやってる店のバイトの貧乏学生。
この二人がある出来事(かなりしょうもない笑)がきっかけでドタバタでマヌケな戦いを繰り広げる笑
ネタバレにならない範囲で言うと、片やタイトルになってる7号室に何人たりとも入室させてはならない、入室させたら破滅する(ムショ行き)男。片や何がなんでも7号室に入室しなければならない、入室できないと破滅する(殺される)男。
どっちも破滅を背にした状態なんで、この7号室の奪い合いが凄まじいんだよ。この死物狂いのバトルをコミカルに味付けして撮ってる。
この事態の切迫さとバトルのマヌケさのギャップが生み出すおもしろさ、言葉にするの難しい。
強いて言うとゼイ・リブの人間に成りすました宇宙人を透視できるサングラスをかけろ!かけねえ!で殴り合いに発展するバトル・シーンに近い笑
「これ、いつまで続くんだよ(笑)」と見ててあんぐりしちゃうゼイ・リブのサングラス・バトルをメインに据えたような変な映画なんだよ笑
だけに、なんて言うかソリッド感ないしギャグもベタで泥臭いから好き嫌い分かれると思う。おれは楽しめたけど、本来のコメディて視点で見るとイケてない方になるかなぁ、、笑

金詰りの二人が主演なんでお互い日々金策に迫られる。それが二人ともうまくいかないんだけど、店長役の人、金が入らなかった時の絶望や焦り、苛立ち、金に追い詰められて壊れていく様を尋常じゃないテンションで熱演してた。それがすごいよかった!ソル・ギョンク系。落胆、怒り、狂気、を表情筋を酷使してダイコン寸前の圧を放つタイプ笑

最底辺ではないけど底辺の二人が主人公なんで、韓国の労働条件の酷さや格差の問題なんかが自然と浮彫りなる。
この二人は貧しさに砕かれマヌケな悲劇に見舞われるわけなんだけど、「二人だけが悪いのか?」という気持ちになる。
撮り方が暖かいんだよな、かなりひどい目にあわせてるわりに笑
少しアメリカン・ニュー・シネマの匂いがした。俺達に明日はないみたいな派手に散る系じゃなくて真夜中のカウボーイみたいにみじめさを哀切で包み込む感じの。

アラはかなり多いし誰でも楽しめる映画じゃないけど、おれはこの映画推すよ。
貧乏な都市生活者の苦境をブラック・コメディに活かしつつ、貧乏人を突き放して嗤う下衆さに与しない姿勢に共感した😀