黒いTシャツ

GODZILLA 決戦機動増殖都市の黒いTシャツのレビュー・感想・評価

GODZILLA 決戦機動増殖都市(2018年製作の映画)
3.0
メ・カ・ゴ・ジ・ラ は … ( ゚□゚) ポカーン

超巨大ゴジラとメカゴジラのタイマンを楽しみに劇場に向かったが、そこにはメカゴジラの姿はなく "メカゴジラシティ" なるものがあった。( ・・・だけ )

ポスターに「人類最後の希望 ( メカゴジラ ) が起動する」って書いてあるからといって、私だっていい歳をした大人ですからね・・・
メカゴジラ出せ出せぇー(。>д<)ノ!ヤンヤヤンヤ!
なんて、さすがに子供じゃあるまいしそんな駄々をこねたりしませんよ( ・д・)ノ オトナデスカラ
( 我ながら珍しく落ち着いた大人の対応 )

ゴジラ迎撃要塞と化したメカゴジラシティ!!
↑ ばぁーん!って、スゴいだろー!って、
自慢気に出てきます。(ビルサルドはドヤ顔)

まぁその設定は悪くない。飲み込もう!
ただスゴい名前のわりに、なんかこれ・・・
普通の工業地帯じゃない?(;・∀・)カワサキ?


※全体的に文句レビューのように思われるかもしれませんが、基本的に私はポリゴン・ピクチュアズGODZILLAは嫌いじゃない( °Д°)ノ!!


前作、第1章『GODZILLA 怪獣惑星』
「シャマラン監督の珍作『アフターアース』を思わせる世界観」とか「まるで宮野さんの朗読会に参加したかのよう」とか言いたいことはあるが!アニメにしかできない新しいゴジラの物語を描いていて、私は作品の評価はしている。

今回も先の読めない展開にある程度楽しめた♪
ただ怪獣映画としての要素がかなり低い。だからダメと言うつもりもないが、前日に『ランペイジ』という痛快怪獣バトル映画を観ていただけに、かなり物足りなさを感じた。だって私はゴジラを観に来たんだからねッ( ・д・)ノ!

『アベンジャーズ インフィニティウォー』でのアイアンマンスーツもそうだったが、ナノメタルの "なんでもアリアリ" には心底げんなりする(´-д-)-3 ナンダカネー

ゴキブリホイホイ的な仕掛けはどうかと思うし、ましてやそれにまんま引っ掛かるゴジラって「おバカさんね!(°∀°)ヒャヒャヒャ」とか思ったりもした。

このポリゴン・ピクチュアズGODZILLA、新しいゴジラを見せてくれることを期待しているが、ここまでは過去ゴジラ作品の要素を記号化して散りばめているだけの印象。そしてその印象が更に強くなってしまった第2章。最終章はこのGODZILLAがそれだけではないことをぜひ証明してほしい!オレたちの度肝を抜いてほしい!!


「誰もキングギドラとは言ってないし(。・д・)ノ」
↑とか言うのはホントやめてね。



おしまい。