かーびー

GODZILLA 決戦機動増殖都市のかーびーのレビュー・感想・評価

GODZILLA 決戦機動増殖都市(2018年製作の映画)
3.6
合理性の敗北と限界。
なぜ主人公が最後にあの決断にしたのか。理解は出来るけど、正直あまり納得出来なかった。。チャンスだったのに。。
ただ一方で、それこそが合目的的な考え方の限界なんだと思う。でなきゃやつは倒せないわけだ。

描写はハラハラワクワクした緊迫感があってなかなか楽しめました。対ゴジラになってからのゴジラの咆哮ときたら、圧倒的!

ゴジラの世界を彩る敵キャラたち(メカゴジラ、モスラ、キングギドラなど)との絡みも含め、三部作の最後、どんな物語になっているのか楽しみです。