GODZILLA 決戦機動増殖都市の作品情報・感想・評価

GODZILLA 決戦機動増殖都市2018年製作の映画)

上映日:2018年05月18日

製作国:

上映時間:101分

ジャンル:

3.3

あらすじ

「GODZILLA 決戦機動増殖都市」に投稿された感想・評価

こばん

こばんの感想・評価

2.3
めっちゃ駄作。
都合良い設定と展開が続いた後に味方のゴリラおじさんがよくわからんアホな行動しだして結果ゴジラ倒せなくなるっていう観てる人をポカーンとさせる作品

このレビューはネタバレを含みます

虚淵氏の評価を下げるレベルの映画です。

メカゴジラが起動するという副題に対して、現れたのはメカゴジラシティという防衛施設。もちろんゴジラと取っ組み合いもありません。
300m設定のゴジラに対して、ライバルが怪獣ではないのは何故なのか。設定を活かしきれない演出に疑問が残りました。
もうお腹いっぱいで続編まで食べきれない…。

ごちそうさまでした…。
「人類最後の絶望は、沈黙する」

未知との遭遇から始まるポリゴン・ピクチュアズ印の虚淵玄仕立てのアニゴジ祭り第2章は、前作での一枚岩から一転、対ゴジラ戦略を巡る君たちは一体何と戦っているんだ的ゴリゴリのハードコアSF。
まるで憲兵団・駐屯兵団・調査兵団のような対立の様相を見せ始める地球人・エクシフ・ビルサルド、人としての誇りによる勝利か勝利による人としての誇りか、字幕を同時に展開しなければ追いつかないスピードで論戦を繰り広げる。
意外と着痩せするタイプだったユウコ・タニの谷間に目もくれないハルオ・サカキを巡る正妻戦争は、壮絶な死闘の中でも基本的に達観をキメ込んでいるメトフィエスさんがリード、最後に呼んだ君の名前がどこまでも三部作の破であることを強調する。
かみ

かみの感想・評価

3.5
ゴジラVSナノメタル
ナノメタルで1作目の地球人の武器とはだいぶ変わったけどゴジラの強さは圧倒的
現住民も出てきてスケールは大きくなる。
今年、34本目

ゴジラである必要はないけど、ゴジラやギドラっていうワードが出るだけでワクワクするから良しとするかな。

「星を喰う者」を観た上でトータルの評価をしたいと思うが、結構好きなシリーズになった。
umeko

umekoの感想・評価

3.0
感情を失ってまで生き続ける意味とは……。
>|