のどか

プーと大人になった僕ののどかのレビュー・感想・評価

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)
2.8
「何もしない」は最高の何かを生む。
子供の頃みんなのヒーローだったクリストファーロビン。大人になって仕事、家庭、責任に追われ疲れ果てた頃、プーと再会し、大事な物に気付かされるという話。

初めは再会したけどプーのことなんてすっかり忘れてたし、おっちょこちょいだからイライラして、家に帰そうとする。しかし結局放っておけず仲間たちを探す。仲間たちを見つけ、クリストファーはヒーローだったころの自分、子供の頃の純粋な気持ちを思い出す。クリストファーは仕事でロンドンへ戻るが大事な書類を忘れてしまう。その頃娘のマデリンはプーたちと出会い、書類を届けにロンドンへ来る。いなくなった一人娘を探して、大事なものは家族だと気づいた。結局書類はなくなってしまったが、途中で見つけた案により会社は救われ、家族は平穏と愛情を取り戻す。家族はプーと仲間たちと共に幸せに暮らす。

クリストファーロビンを誠実に待ってる仲間たちがなんだかかわいいけど、切ない。汚くなってる。