プーと大人になった僕の作品情報・感想・評価

プーと大人になった僕2018年製作の映画)

Christopher Robin

上映日:2018年09月14日

製作国:

上映時間:104分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「プーと大人になった僕」に投稿された感想・評価

大人になったクリストファー・ロビンの言うことにプーが返す言葉が、無垢で微笑ましくて、クスッとなるのだけど、同時にハッとさせられる。

ぬいぐるみで、目の動きとか表情豊かではないはずなのに、仕事で頭がいっぱいのクリストファー・ロビンにキツい言葉を言われた後、黙って車窓から外を見つめるプーの表情が切なくて堪らなかった。

「僕はもう子供じゃない、大人なんだよ!」
「でもクリストファー・ロビンだよね?」

のやり取りにハッとして、そうだよな、「大人になる」や「大人だから」も結局レッテルで、それによって大事なものを見えなくしてしまってもいるのだよな。

どれだけ年齢を重ねても
クリストファー・ロビンはやっぱり100エーカーの森と、プーと仲間たちが大好きで、変わった事は、そこに妻と娘という新しい大事な人たちが増えただけ。
字幕版で観たとき、最初はプーさんの声が平泉成さんみたいなおじさんの声で慣れなかったのですが、だんだんプーさんが小柄で黄色いおじさんに見えてきて、それゆえに哀愁がたまらなくなりました。後に吹き替えの聞き馴染みのある声でも観ましたが、やはり平泉成さんバージョンの哀愁が堪りません。三回観て三回泣きました。
yoshimin

yoshiminの感想・評価

4.0
くたくたのプーたちが可愛いすぎる!
プーさんが話す言葉が名言ばかり
ジーンと涙したり、ほっこりしたり、よかった。
yoheihei

yoheiheiの感想・評価

4.0
プーさんと仲間たちに癒される

日々の生活に忙殺されている大人達にこそ見てもらいたい。

人生の迷子になった時のヒントがここにある。
orangeBB

orangeBBの感想・評価

3.8
【何もしない大切さ】
それが難しいと決めつけて!日常を繰り返す、そんな時に見たい映画。

そして映画全体として、かわいくオシャレにまとめてあった!!
映画の内容自体はそんなになのだけれど、セリフが心に残る深いものだったりするところがとてもよかった。
みた

特に語ることは。

なんで風船って意味もないのに欲しくなるんだろうな。意味のないこと、何にもないが、大事なのよ。
2019 14本目。

良かった。
何がホントに大切なのかを忙しさを理由に忘れちゃいけないねって(; ̄ェ ̄)
シズク

シズクの感想・評価

4.1
最初から涙が出た。
プーさん好きにはたまらない作品...

吹き替え版はクリストファーの違和感がすごかった。。。
字幕版をおすすめします。
黒汐楓

黒汐楓の感想・評価

2.5
周りで観た人は大抵、自分も大人になってしまったなーと思った、と言っていたけれど、確かにそういう映画なんだと思う。
あと、マデリンが知性を感じる可愛さでよかった。
無邪気で無知で純粋な感情しか持たないかつての友人たちの行動に、ヒヤヒヤしたりイライラしたり。だけどそのうちにそんな童心に心動かされる、大人になったクリストファー・ロビン。
愛と平和とハッピーで甘く彩られた、いかにもディズニー映画。
幼少期からすでにディズニーの世界観が苦手だった私には、大人になってしまったなあというより元々この価値観が響かないんだけども。でもクリストファー・ロビンとプーのこの会話はすき。こういう風に思って毎日を過ごせたら、きっと日々がより良くなるだろうね。

今日は何の日?
今日だよ
ぼくのだいすきな日
>|