プーと大人になった僕の作品情報・感想・評価

プーと大人になった僕2018年製作の映画)

Christopher Robin

上映日:2018年09月14日

製作国:

上映時間:104分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「プーと大人になった僕」に投稿された感想・評価

ララ

ララの感想・評価

3.7
心があったかくなる映画。
プーさんじっくり見たことなかったけど十分楽しめた。
残念なのが、クリストファーロビンの声の違和感。
堺雅人の声は合ってない…
taka

takaの感想・評価

5.0
ユアン・マクレガー×プーさんが同じ画面で共演する破壊力が凄すぎて何回見ても飽きない普遍的な面白さにまで昇華されていた。
100エーカーの仲間達もCGが凄いとかじゃなくて、普通に違和感なく見れるレベルのクオリティだったのが凄い。
そして何より物語が最高に素晴らしかった…!現実と向きあう為、大人になるに連れて自然と無くなっていく子供心を取り戻してくれる存在としてのプーさん。それを最高の形で活かした脚本で、最後は泣いた…。
『夢はタダじゃない。何もしないと何も生まれない』は事実ではあるけど、そればかり追いかけていると見えなくなるものもある。『「何もしない」は最高の何かにつながる』
いずみ

いずみの感想・評価

3.8
ロッテントマトのコメントが全て。ただ、泣いた。
なおこ

なおこの感想・評価

3.5
プーたちのぬいぐるみの汚れ感がリアル!笑
最初は仕事人間だったクリストファーが、本当に大切にしなければならないのは何か再確認していくのを見て私も生き方を見直したいなと思った。
なにもしないって難しい...。
Toshi

Toshiの感想・評価

3.8
何もしないが最高の何かにつながる
ディズニーとは思えない地味でシンプルな作り。クリストファーロビンと同じ視線・感情で楽しめたのは、同じく私も大人()になってしまったからかもしれない。
「何もしない」て難しくて、風船よりも大切なものなんてきっと滅多にない。仕事に日常に疲れた時、ポカンと観てちょっとプーにイラッとして、でも気付いたら泣いていて……大切なものはプーが教えてくれる、そんな作品☺️🎈
tohtan

tohtanの感想・評価

3.5
難しいテーマですね。誰もが持っていたあの時の気持ちや思いは知らない間になくしてしまうんですね。これはプーさんとロビンの物語だけではなく、我々皆に当たるものと感じました。またにはこんな作品もいいですね。作品に対するセットも中途半端ではなくて、あくまで完全を目指しているのも凄いです。
alyssa

alyssaの感想・評価

3.8
色々と追われてる時に大事なものを見失ってないか考えさせられる!
プーに癒された!
まり

まりの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

プーのおばかさんに愛がつまりすぎてて良かった、、

正直なにも期待しないで見たけどめっちゃ良かった!!!

プーの何気ない質問とか本能のままに行動して話すひとつひとつに忘れてた考え方を思い出す

風船なんて必要ないだろって言うクリストファーロビンに、でも持ってると幸せな気持ちになれるよとか、幸せになれる価値観

なにもしないをやりたくなる!
遂にディズニーにすら飽きを覚え始めている。アナ雪やズートピアまで続編やるのか。片っ端から昔のアニメを実写化する名作ロンダリングもそろそろ厳しい。まるで極端な2次創作のようだった『マレフィセント』やアニメをトレースしたみたいな『美女と野獣』よりはずっとオリジナリティがあるかもしれないが、アニメのプーさんを見たことがないので感じ取れるものには期待せず視聴。

メッセージは現実で見えなくなった純粋さを取り戻す。灰色の世界は色を帯びて消えていた仲間が姿を現わしズオウ退治(の振り)で皆がクリストファー・ロビンと認識する。寓話としては理に適っているが素直で分かりやすすぎてアニメを昔見た大人に向けているにしては無難。そう思っていたがクリストファーの娘マデリンとロン・ドンにやってきたプー達がトンケンを始めてからは現実から大きく飛躍を見せる。やはりこうした話は子供が主役の方が良い。それが起爆剤になって終盤は映画に集中出来てた。社畜解放宣言!富の集中したピラミッドを逆さまにせよ!反資本主義の今の自分には響く。最初考えてた「ディズニーのような超巨大企業に言われてもなあ」という嫌味を言う気にさせない。

物語に入り込めていなかった時でもプー達のビジュアルはテッドやパディントンとも違う独自の味わいがあってパペットアニメ風のCGと思っていたら本物のぬいぐるみも使っているんですね。上手いとこ現実とファンタジーのブレンドを醸し出せていてこれは実写化の意味を感じられた。
>|