プーと大人になった僕の作品情報・感想・評価・動画配信

プーと大人になった僕2018年製作の映画)

Christopher Robin

上映日:2018年09月14日

製作国:

上映時間:104分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「プーと大人になった僕」に投稿された感想・評価

よ

よの感想・評価

-
公開当初はプーさんの実写化なんて、、、と思って全然見る気なかったけど、意外と評価が高くて気になったので鑑賞。

結論言うと、とっても癒される!☺︎
わたしはどうしてもイラスト(アニメ?)の方が可愛く感じるけど、人に抱えられたときのモフモフ感がかわいい。

大人になったクリストファーロビンと、ではなく娘と冒険するのがよかった。

絵本が進むように物語が進んでいくのもプーさんのハニーハント感あってすごくよかった〜〜‪‪❤︎‬
あと素敵なセリフがたくさん。
夏

夏の感想・評価

3.7
声優陣もいつも聞いている人一緒でなんの違和感なく観れる。
とにかくピグレットが可愛い。
仕事や日頃の生活に疲れてる人はこれを見るべき。
心の癒し、余裕を100エーカーで養いましょう。
NORA

NORAの感想・評価

3.9
『劇画オバQ』を読んだ時と同じ居心地の悪さ。すなわち、つらい。大人はいつから「何もしない」ができなくなっちゃうのだろう。でもこちらは結末に救われる。現実はともかく、この物語くらいはハッピーエンドにしてくれなきゃ。プーが絶妙にかわいくない(ウザい)ところがいいです。ユアン・マクレガー萌え映画としては100点。なおティガーは何度か本気で殴りたくなりました。
幼少期の心が帰ってきた感あった。
ShoIkoma

ShoIkomaの感想・評価

4.0


懐かしくて愛おしくて、胸が締め付けられた。でも、作品中盤までは、「この愛おしさは幼い頃に感じていたものと同じか?」という疑問を持ちながら観ていた。

初めてプーさんに触れてから20数年の時が経ち、僕は確実に“何か”を無くしたはず。今、プー達に感じる感情は、大人として動物を愛護する様なそれ。10歳に満たない時に感じていたフレンドシップのかけらでも持てているだろうか?

ただ、観進めていくうちに、そんなことはどうでも良くなった。今の僕が感じる感情は、子どもの頃から磨いてきた感性の賜物だ。それこそ尊重するべきもの。例え身体を構成する細胞が全て入れ替わっても、人格は変わらないのだから。

むしろこの作品は、大人になった僕が、子どもの頃の記憶や行動指針を未だに後生大事に活用しながら生きていることを自覚させてくれた。30代になり、まだまだインプットが必要だけど、既に持っているものの中から大切なものを取捨選択していく作業も、そろそろ始めないとなと感じさせられる映画だった。
ri

riの感想・評価

2.8
アニメでは決して突っ込んでいけない
プーさんのプーさん(ポンコツ)要素を突っ込んでしまっているけど
思ったよりホッコリ系でなく感動した
あーさ

あーさの感想・評価

3.6
プーさんがリアルでした
じゅん

じゅんの感想・評価

3.8
なになに、この無意識に涙が出ちゃうのは!
成長して多忙に働くクリストファーロビン。あの時からなにも変わらないプー。この2人の心のすれ違いがとっても切なくなっちゃった。
はじめはプー達の見た目に違和感あったけど最後は見慣れてとても可愛いく思えた。

時には何もしないが人生のヒント。
木綿

木綿の感想・評価

3.8
何にもしないことが
最高の何かに繋がる

大人になると時間に追われ心が擦り減って分かっていた大切な事も忘れてしまう。
仕事は生きる上で必要不可欠なものだけど、そればかりになってしまっては大切な何かに気付けない。

性別に関わらずだと思うけど、家族と時間を過ごさない男は本物の男になれないってゴッドファーザーも言ってた。
mikey

mikeyの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

はちみつのついた足で動けなくなったプーをカーペットから外してそのあとまた先に進ませてあげちゃうあたり心優しいクリストファーマクレガーに癒されたもうた。
>|