みうさん

ある少年の告白のみうさんのレビュー・感想・評価

ある少年の告白(2018年製作の映画)
-
牧師の息子のジャレッド(ルーカスヘッジス)が矯正施設に送られるという話なので、60年代とかそんななのかな…と勝手に思ってたら、車の形が今じゃ?と思い、初代iPodが出てきて、まさかの現代なのか…となった。未だに罪であり病気であり、治すものだと思っているとか…。施設の少年たちのなかではギャリー(トロイシヴァン)とぽっちゃりキャメロン(ブリットンシアー)が良かったかな…。そしてまた目的を達せられないジョーアルウィン(達さなくていいんだけど)、そして、すごく雰囲気良かったゼイビア(フランス読みだとグザヴィエ、セオドアペレリン)。ジョン(ドラン)のは本心から話していないのは分かるんだけど、何が起きてるのかわからない(思わせぶりではある)けど、キャメロンの事件の時の、人に触れない宣言を破るシーンは良かったな。表情とか。ジャレッドは最終的に告発するんだけど、その前の段階での母親(ニコールキッドマン)が、ジャレッドを守る決意をするところにグッときた。これ、ニコールキッドマンかなり良かった。南部にいそうなオシャレセンス。日本だったらこんな施設あったら(あるかもだけど)全員丸坊主でねずみ色の制服着せられるだろうな…)と思いながら観てました。
字幕翻訳/松浦美奈
2019/04/20
シネクイント渋谷 スクリーン2 E列