暁に祈れの作品情報・感想・評価

「暁に祈れ」に投稿された感想・評価

kit

kitの感想・評価

3.4
「どう考えても主人公の自業自得じゃん…」と思ってたのに、何でだろ。
気づくと熱いモノが頰を伝ってた。。



汗やけど。いや、汗やけども
涙が頰を伝うことは無かったが、手に汗握るハードコアさに胸熱🔥

とことん突き詰めたリアル。
自伝が原作。囚人達もモノホン。凄え怖ぇ。
僕がこれがボクシング映画でなくムエタイ映画だと気づくのは、それもそれも後のことだった…

見るからにやっっべえぇゴロツキ達のビュッフェ状態!全身刺青男がタイプの人や腐女子にもオススメ👌🖕

以上🥊🥊🚬
象煮

象煮の感想・評価

2.5
病院から街に出られてしまうところが夢のようで好き。ラストびっくりした。
en

enの感想・評価

4.0
タイの地下でボクサーとして活動していたイギリス人のビリーが麻薬所持で過酷な環境にある刑務所に収監される。そんな命がけの刑務所で生き抜いたビリー・ムーアの真実に基づく話

タイトルかっこよすぎか。

実在した刑務所や全身タトューの元囚人を起用する徹底ぶりで、画面越しでも刑務所の過酷さや空気が伝わってくるよう。生まれてくる国や環境が180度違わないと生と死を決める綱をギリギリで渡るような生き方は体験できないだろうけど、良いも悪いも含めてこういうリアルさを疑似体験できる凄みがあったな。
Tallow

Tallowの感想・評価

3.8
娑婆≒監獄orDIE
祖国イギリスを離れ、タイで薬物に溺れ、収監されるキックボクサー。タイの監獄は狭い部屋に大人数雑魚寝です。ほとんどの受刑者が身体の半分以上タトゥー。顔や頭に入れている人も沢山居ます。当然のように暴力、薬物、レイプと想像を超える過酷さです。塀の中でもキックボクサーとしての活路を見出しますが、薬物によって身体は既にボロボロ。
作品ではタイ語がわからない主人公ビリーに没入しやすくタイ語の字幕が少な目です。「オンリーゴッド」のカラオケ番長が出ていていつ歌い出すか意識を引っ張られましたが、エンディングを迎え実話ベースとの事。「ええー!?実話ー?そりゃ歌わないわなぁ」と驚愕。
痺れるほど物質主義な一面が垣間見えてファイター属性必須なタイ…ひたすら救いが無いですが、闘い続けないと淘汰されてしまう社会は平和ボケ気味の私には程よく刺激的で楽しめました。
もー

もーの感想・評価

3.1
タイで薬物所持で捕まってしまい、現地の刑務所に入る話。

出てくる受刑者たちは本物らしい。そしてタイ語の字幕はほとんどなし!
なんか自分の事指差して笑ってるけど、何言ってるか分からない!これは怖い。

状況説明してくれたり、やや優しいおじさんがいて、この人良い人〜って思うけど・・・
違う違う。この人達ここにいる時点で何かしらの悪いことしてるんだったと我にかえった。
ナッツ

ナッツの感想・評価

4.0
観てる方も緊張する
AkihiroIio

AkihiroIioの感想・評価

3.8
父親からの手紙の内容が知りたかったが、ラストの父親の表情が物語っていた。
タイのタトゥー半端ねぇ!
>|