劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ! 願い!!の作品情報・感想・評価

劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ! 願い!!2018年製作の映画)

上映日:2018年03月10日

製作国:

上映時間:70分

3.7

あらすじ

知的生命体の住む星々を破壊していく巨大人工頭脳ギルバリスと、ギャラクトロン軍団が地球へと接近。ウルトラマンジード=朝倉リク(濱田龍臣)は、ギルバリスが「赤い鋼」を手に入れるべく、地球へとやって来た、とジャグラス ジャグラー(青柳尊哉)から聞き、その手掛かりがあるとされる南洋の楽園・沖縄へ向かった。沖縄で出会ったアイル(本仮屋ユイカ)は、リクがウルトラマンであることを見抜き、重大な使命を託そうとす…

知的生命体の住む星々を破壊していく巨大人工頭脳ギルバリスと、ギャラクトロン軍団が地球へと接近。ウルトラマンジード=朝倉リク(濱田龍臣)は、ギルバリスが「赤い鋼」を手に入れるべく、地球へとやって来た、とジャグラス ジャグラー(青柳尊哉)から聞き、その手掛かりがあるとされる南洋の楽園・沖縄へ向かった。沖縄で出会ったアイル(本仮屋ユイカ)は、リクがウルトラマンであることを見抜き、重大な使命を託そうとする。地球を守るために必要以上に気負うリクの前にクレナイ ガイ=ウルトラマンオーブ(石黒英雄)が現れ、先輩として言葉をかけるのだった。 一方、ギャラクトロン軍団が「赤き鋼」を求めて沖縄へ攻撃を開始。ジード、オーブ、そしてウルトラマンゼロも地球へと駆けつけるが、自分の使命にこだわり、焦るジードの行動が、ウルトラマンたちにさらなる危機を招いてしまうのだった。 ウルトラマンジードたちはギルバリスの強大な力を止めることができるのか――― 地球全土がサイバー侵食され、滅亡の瞬間が迫る中、“願い”の力はジードにさらなる進化をもたらす!

「劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ! 願い!!」に投稿された感想・評価

長文になってしまった。。

抱擁!結合!性処理作業!決めるぜ覚悟!

多分、放送以来こんな口説き文句が渋谷の道玄坂あたりで蔓延してる事が想像に容易いビジュアルだけなら、ウルトラマン史上1番カッコイイと思うジードの劇場版。

マジで楽しかったなー。
それぞれみんな見せ場があって、オーブについて触りだけ舐めた位の僕でも2人が並んで変身したり、似たコンセプトの形態に姿を変えながら戦う所とか熱かったです!!
あとシーサーの守り神のビジュアルがかなりストライクで、ときめきました。
レイトさんも超カッコ良くて、ビジネスバッグしか持ってなくても戦う姿に胸を打たれました!!
リクくんが再び立ち上がるところも涙を浮かべました。

でも好きなシーンだけに、不満も有りまして
あんなに周りに押し付けられるのって、どうなのよ。
何回もリクを俺たち仲間だろ?みたいな、作劇として冗長なのも勿論、メッセージとしてあまりにも押し付けがましいというか
パー券売りさばけ!じゃないんだから
あそこは、リクくんが1人で皆が戦ってる姿を見て立ち上がる方が熱が有ると思うんですよね。
立ち上がって一言「決めるぜ覚悟!」これっすよ!コレコレ!!
コレだったらフィルマークスさん(読み方あってる?)に連絡して星を10にして貰う方法を考えて貰うくらいでしたね、、。

あと、これは仕方ないのかな、、最後の変身いるか?とは思いましたけど、真の姿とか聞こえはイイですけど、さてはウルトラの星は、今までベリアルっぽいしアイツは抜きで、、、みたいな空気を出てたなって勘ぐってしまったし、あんな犠牲を払って手に入れる真の姿って、、、いたたまれないよ!!可哀想じゃないか!!

嫌いだなって思うところについて書きましたが、基本的には本当に最高で、何がって舞台挨拶まで見せて頂いて、その前にはプチウルトラショーまで見たんですよね!!
もうウルトラギアが振り切れた状態で映画に突入したので本当にエキサイティングでした。

実はテレビで見てる時にロイヤルメガマスターってくそダサいと思ってたんですよね。
何かの記事で読んだけど、キングとジードのドッキングはカッコよくするのが難しかったみたいな、、、まぁネーミングは置いといても、下品とすら思ったんですよね
おいおい、キングはねーだろって
キングが出てくりゃ大体話は終わりだよって!!
でも、生で見たら超かっか良くて、特に頭の造形とか渋いじゃないか!!
惚れました!!

犬を飼ったらロイヤルメガマスターって名前を付けたいと思いましたね。
9610

9610の感想・評価

3.5
さすが坂本監督。
まぁ

まぁの感想・評価

3.5
劇場版のウルトラマン…初めて鑑賞…☆

ハイテクにはなっているけれど…
面白かった〜(o^^o)

宇宙人と共存共栄している世の中…‼︎
街中(本作は沖縄が舞台)に、宇宙人が暮らしている事に…驚いた…(笑)

物語は分かりやすい…♡

ウルトラマンたち vs 悪者(宇宙の平和を守る為? 余計な生命体を排除するもの…怪獣には…見えなかったけれど…)

「光の国」が映ったり…☆
「ウルトラの父」「ウルトラの母」…「うゎ〜‼︎ 」って…なった…♡ (懐かしい…笑)

「シュワ〜っち」も健在……受け継がれているんだな…って…嬉しくなった…☆

濱田龍臣が今の「ウルトラマン」なんだね…(名前が出てこなくて…エンドロールで分かった…♪)

「宇宙」「地球」の「平和のため」…
これからも「ウルトラマン」…頑張って ‼︎

…後列の男の子…「面白かった‼︎」…って…興奮気味…(可愛らしい…♡)

入場者プレゼント(カード)、頂きました…☆ 嬉しい〜♡

童心に返って….ワクワク…楽しく鑑賞…(o^^o)

追記…パンフレット…買っちゃった…(笑)
応援上映楽しかった。ガイジャグラーファン向け。

このレビューはネタバレを含みます

ザ・坂本浩一ウルトラマン

ウルトラマンジードの最後の戦いであり、リクが真にウルトラマンとなる覚醒のエピソード

個人的にウルトラマンは万能じゃない、1人では戦えないという点にフォーカスしているのは流石坂本監督✨

自身が好きなカンフーアクションやゴジラでいうキングシーサー的な怪獣が出てくるとかやれる範囲で好き勝手にやってるなぁ〜って思いましたwww←良い意味で
安定の坂本監督映画という感じ。カンフーアクションもあり、特撮も非常に安定していて良いミニチュアワークだった。ただ、やっぱりウルトラマン自体はオモチャのプロモーションみたいではあった。もうちょっと巨大戦がカッコ良ければ。。。
Billy

Billyの感想・評価

3.0
記録。
ジードは好きです。
が、この映画は駄目でした。
というか眠くなりました。

主人公が新しい力を手に入れるための通過儀礼をみさせられてるようでそれが目的化してしまっていてどうにも乗れない。

やりたいことはわかるけどなんか薄っぺらく感じました。
たかぱ

たかぱの感想・評価

3.4
ギルバリスの出番が少なかったのが怪獣を観に行く派として残念だった。

でもウルトラマンたちの見せ場がめちゃめちゃ作られているからそこは凄く面白かったです。

ジャグラーって本当にいいキャラ。
>|