ryac

がっこうぐらし!のryacのレビュー・感想・評価

がっこうぐらし!(2018年製作の映画)
3.7
シネマロサにて、トークショーつきの回で鑑賞。

漫画原作のアイドル映画、というエクスキューズを抜きにしてもなかなか良かったです!リアル鬼ごっこの監督とは思えないくらい(失礼)!

ゾンビパニックものとしてのツボをしっかりと押さえつつ、少女たちが妄想から決別するまでを描く、イニシエーションの物語として構築。
みーくんがちゃんとボーイッシュだったりと、漫画的になりすぎずに原作のビジュアルを実写に継承しているのも上手いと思った。

『ゾンビ』とか、『ミスト』とかを思い出すような、ひとつの空間に閉じ込められたまま外に出られないというシチュエーションの中、楽しげな雰囲気を演じなければならない主人公たちの気まずさの演出が見事。
途中流れる合唱曲『大切なもの』など、音楽演出も気が利いてる。

不満点としてはほとんど流血などの描写がなくスラッシャー表現が控えめなところだけど、監督の登壇したトークショーいわくそれは意図的なものであるとのこと。たしかに、あくまで少女たちの精神的な揺れ動きをフィーチャーした本作においてはそれでいいのかもしれないと腑に落ちた。ゴア表現に重きを置いたとしたら、どうしても高校生ハイパーバイオレンス映画の傑作『ミスミソウ』が立ち塞がるだろうし。

あと、めぐねぇ役のおのののかが非常に素晴らしかったです。