k

ニンジャバットマンのkのレビュー・感想・評価

ニンジャバットマン(2018年製作の映画)
1.0
試写。いきなりタイムスリップから始まり興醒め甚しく、貧困な映像、説明にまみれながらモヤモヤが残る脚本、時代背景もクソもない演出、かまびすしい道徳説教、やたら情感たっぷりの選曲、そしてガッカリする衝撃の展開(そして再び時代背景もクソもない演出&説教)と、ただただ問題しかない。あと、バットマン本来の設定がまったく活かされていないし如何にも「海外に受けそうな日本」を前面に押し出している感じがして更に冷めた。これはある意味本物の地雷映画www