ニンジャバットマンの作品情報・感想・評価

「ニンジャバットマン」に投稿された感想・評価

バットマンとタイムボカンとバーフバリを足して3で割るの忘れた怪作!

****

DCは暗いスーパーヒーロー物ばっか作ってイマイチですね。
『ワンダーウーマン』の軽さやギャグはよかったけど、それ以降も呪縛を解けなかった。

そんな中で「一抹の希望」を託したのが『ニンジャバットマン』。
「バットマン」「タイムスリップ」「忍者」という組み合わせに可能性を見出して始動したこの企画。

バットマンたちが日本の戦国時代にタイムスリップ!?という正気じゃない企画をちゃんと最初から最後まで正気じゃない映画として完成させたのが素晴らしい。
嬉しい!こんな世界レベルの狂作が日本から生まれるなんて。

褒めてます!

***


四コマ映画『ニンジャバットマン』→→ http://4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_detail.htm?id=2021

***

キャットウーマンのクビにドラ○もん的な金色の鈴が付いていたり、宣教師に扮したバットマンのサビエル風に禿げた頭頂部にバットマークが付いていたりと、細かいところまでギャグが効いてるし、テンポもいい。
ハーレイ・クインはいつもは金属バット持ってるけど、今回はでんでん太鼓。
ジョーカーが持ってる扇子の柄がちゃんとジョーカー柄だったり、本当に細かいところまで気を使ってる。

で、ギャグ自体も上品。ズッコケみたいな笑いじゃなくて、「本人はいたって真剣」だからこそ笑える。
バットマンが茶室で正座してアルフレッドが出したお茶飲んでんだから、こんなのギャグに決まってんじゃん。

****

ジョーカーが尾張の領主(つまり信長)になる(なにこの話…)。で、ちゃんとハーレイ・クインが森蘭丸っぽい服装になってるのも良い。

信長の次に秀吉が天下統一するという歴史的事実があることを考えると、今回ジョーカーが信長になることにも意味がある。秀吉ってつまり猿でしょ。で、猿の王国にする!っつってるわけだから。
「尾張(OWARI)の意味を知ってるか!THE ENDだ!俺にぴったりだ!」というセリフもあって、全体的にちゃんと考えてある。

****

で、全部わかった上でのラストのトンデモロボット大戦な訳ですよ。
タイムボカンなわけですよ。笑えば良いんですよ。タイムボカン観たら笑うでしょ。

完全に日本を茶化し切ってる!これくらいやりきったで突き抜けてぶっ壊れた映画じゃないと世界には刺さらないよ。大ヒットはしないだろうけど、多くの人の心にはグッサリ刺さったはず。

****

ちょっと『かぐや姫の物語』っぽいとこがあったり、「お前がそうすることを俺が予想していなかったと思うか!」っていう展開は『ジョジョの奇妙な冒険』っぽい、豪快な戦い方や重力無視感は『バーフバリ』っぽい、「土は良い。悪いものを吸い取ってくれる」というセリフは「土から離れては生きられないのよ!」というきっとラピュタへのオマージュ(考えすぎ)。

多分気づいてないところでいろんなアイデアがあるんだろうな。

****

僕はこの『ニンジャバットマン』という荒波を乗りこなして楽しみきって、今サーファーの気分。


四コマ映画『ニンジャバットマン』→→ http://4koma-eiga.jp/fourcell2/entry_detail.htm?id=2021
最寄りの劇場で上映が無かったのでBD鑑賞となった訳だが、こういう作品は劇場で巨大スクリーンに映されてこそ最大火力を見せるのではないだろうか。観終わった後の「俺は……何を見せられたんだ……」という虚無感と同時に得られる大きな充足感は、家庭用ゲーミングモニターでは半減してしまう。

まあそんな真面目な感想はさて置き、日本×バットマン、期待通り最高の作品だったじゃないですか!
見た目ただのゴリラやん(笑)で有名なゴリラ・グロッドから始まり、ペンギン、トゥーフェイスはもちろん、アイビーとキャットという目の保養組もしっかり日本風。特にキャットじゃなくてセリーナの時の着物姿が最高に可愛かった。
ロビンが大五郎なのは若干意味が分からないがモン吉・モン美と協力しての演奏シーンは可愛かった。そして虚無僧レッドフードはもっと活躍して欲しかった。トゥーフェイスの扱いの酷さは……まあトゥーフェイスだからね……。

というか何故あそこでデスストロークさんだったんですかね。眼帯だからですか。独眼竜政宗やりたかったからですか。あそこはリドラー(私の推しヴィラン)でよかったんじゃないかな。駄目かな。ペンギンジョーカーキャットが居たらリドラーも居るんでないの。居ないの。居ないのか。そっか……。ああ、でも他人に操られるのとか嫌いだからなリドラー……。だから居なかったんだね……(そういうことにしよう)。

フザケているようでいて、ところどころにばら撒いてある過去のバットマンへのオマージュが憎い。長編初代のアダムバッツが出て来た時は爆笑した。いやあれは流石にやり過ぎだし草生え散らかし案件。
クライマックスのタイマンバトルも最高でしたね。合体ロボには狂気を感じたけど。

何はともあれニンジャなバッツ、最高でした。おわり。
なんでもありのハチャメチャ戦国エンターテインメント!
な~んも考えずに観れます。
声優陣がとにかく超豪華です。
tamashii

tamashiiの感想・評価

3.8
oh japanese anime!

DVDで見ました。
Masa

Masaの感想・評価

3.5
英題: Batman Ninja
直訳: 蝙蝠男忍者

ー 日本が世界に放つ、戦国タイムスリップ・アクション・エンターテインメント
のぢ

のぢの感想・評価

2.9
もっと女ヴィラン映して❤
外国受けしそう、絵が素敵、声優が豪華、だけどあんまりおもしろくなかった
諭様

諭様の感想・評価

3.5
デザインとアニメーションは見所満載。
脚本が割と最悪。
カイト

カイトの感想・評価

4.0
和テイスト盛りだくさんの和風バットマンです。
バットマンの衣装も鎧になっていてカッコいいアクション映画になってます!
>|