名探偵コナン ゼロの執行人の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

名探偵コナン ゼロの執行人2018年製作の映画)

上映日:2018年04月13日

製作国:

あらすじ

東京サミット開催の地となる東京湾の新施設「エッジ・オブ・オーシャン」。サミットが開催される5月1日には、2万2千人もの警察官が出動するというこの超巨大施設で突如、大規模爆破事件が発生! そこには、全国の公安警察を操る警察庁の秘密組織・通称「ゼロ」に所属する安室透の影があった。サミット当日ではなく事前に起きた爆破事件と、秘密裏に動く安室の謎の行動に違和感を禁じ得ないコナン。その時、現場の証拠品に残…

東京サミット開催の地となる東京湾の新施設「エッジ・オブ・オーシャン」。サミットが開催される5月1日には、2万2千人もの警察官が出動するというこの超巨大施設で突如、大規模爆破事件が発生! そこには、全国の公安警察を操る警察庁の秘密組織・通称「ゼロ」に所属する安室透の影があった。サミット当日ではなく事前に起きた爆破事件と、秘密裏に動く安室の謎の行動に違和感を禁じ得ないコナン。その時、現場の証拠品に残された指紋が、かつて警視庁に在籍していた毛利小五郎の指紋と一致してしまう!これは何かの陰謀なのか。小五郎の逮捕を巡って敵対し始めるコナンと安室。 果たして謎の存在・安室透は、敵なのか、味方なのか?

「名探偵コナン ゼロの執行人」に投稿された感想・評価

毎度やり過ぎを超えてくるあたりは流石としか言いようがない。

警察機関の違法行為というかなりグレーな題材は中々面白かったと思うし、ゲスト声優の演技も違和感なく、終盤までは何時もよりはそこそこ落ち着いた作品なのかと思ったが、最後に宇宙からの飛来物を撃ち落とすというコナン映画史上ヤバすぎる展開に。

安室くん、君はトム・クルーズでも目指しているのかい?

一昨年、昨年ほどの楽しさは無いかもしれないが、肩の力を抜いて楽しめるコナン映画としては十分に合格点。

久々に一般人が誰も死ななかった。

来年は怪盗ですか。業火の向日葵が駄作だったから少し不安なんだけど、大丈夫かな?
u

uの感想・評価

4.0
おもしろかった!
カーアクションは現実感なかったけどそれはそれでってかんじでした。
警察の組織図とか犯行の動機が入り組んでて割と難しめだった。
でも自分的にすごく驚いたし、カーアクションシーンはありえなすぎて笑ったけど、コナンらしくて楽しい映画でした!
安室さんのあのセリフを聞くためだけにもう一回観たい感はある
海老

海老の感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

安室透さんの顔が終始良かったですね。ファースト写真集みたいでした。
構図も恵まれていたと思います。
あと例の手の動きもなるほど決めシーンで印象に残りました。恋人は車じゃなくて日本だったんですね。
脚本はとても先の展開が読みやすいので子供さんでも観れると思います。けんさつ と けいさつ が聞き分けづらいと誤解を生みますので、音量大きめの映画館だとなお良いかもしれません。
同行した母が「協力者だった弁護士のお姉さんが男だったら夏コミ天下取ってたと思う」とよくわからないことを言っていました。
それと去年一昨年流行った映画の中から見覚えのある要素が節々に感じられ、遊び心を感じました。私がそう取っただけで多分関係ないと思います。
あとは何と言ってもノーアですね。
音だけ聴いてビビりました。まさかねと。全然綴り違いましたけど。
やっぱり総合的に見て最後にバーフバリがヤシの木で人間カタパルトをして衛星の軌道を変えるシーンが映画の中で一番好きでしたね。
ぜひ映画館で観ていただきたいです。
記録

記録の感想・評価

3.9
安室透、人間じゃねえ
小五郎のおっちゃんって38歳なのか、思ったより若い
推理要素強めかと思いきや、最後にはアクションたっぷり。
今年も大満足。来年よ早く来い
りょへ

りょへの感想・評価

3.7
今年もコナンの時期が来ました。相変わらず面白いな笑。安室さんのカーアクションは凄い!にしても音が良くて迫力あったなぁー
来年も期待しています。
Lena

Lenaの感想・評価

4.0
アクションすごかった!それに安室もかっこよかったんだけど、ちょっと内容についていけなかった もう一回見たい!!!!!
大人の自分は、かなり楽しめた。同時に、子どもに着いてこれるか心配な部分も。ラスト以外はアニメとしては大人しく、会話劇が中心。しかも警察と検察、さらに公安に関しての会話。大人ですら知識がないと混乱してしまいそうな。
ラストの展開は、『名探偵コナン』を知らないと分からないかも…….そのあたりを踏まえた上で大傑作でした。
ののの

のののの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

爆発、カーチェイス、高いところからの決死のダイブなどなどお約束のアクションも盛り込まれておりながら、コナンとして新しい取り組みもされていて本当に見応えがありました。ちゃんとムービークオリティです。大満足です。
口が軽すぎる高木刑事や酷使されてボコボコの状態でエレベーターに乗るマツダのRX、かっこよすぎる降谷零など、要所要所で後ろの席にいたJKが一瞬小さくざわつくのが楽しかったです。映画館の醍醐味です。

ここから映画の質にはあまり関係がない個人的な感情任せの感想です。
今作の事件は公安及び降谷零の行いが招いたものだったのですが、降谷零はコナンから真相を聞いても「あれが原因かー」くらいの反応だったのが私は少しモヤッとしてしまいました。私はヒーロー映画でヒーローが苦悩するのを見ると「そういうのもういいから…」となってしまうのですが、そういう苦悩がほぼない(風見裕也や犯人はかなり気にしていたようですが…)今作は今作でモヤッとするし、お話し作りって難しいですね。
橘境子、きちんと怒ってくれて嬉しかったし、あのシーンは本当に印象的で好きです。
白熱のカーチェイス後、全てが爆発四散し、飛び降りながら銃を乱射して建物にふたりが体を滑り込ませる頃にはモヤも消えてスカッになっていました。本当に手汗が出て、持っていたハンカチで手汗を何度も拭きました。本当は涙を拭くために用意したのですが杞憂でした…。あの厳つい脚本にあのファンタジックでバイオレンスなアクションシーンの合わせ技ができるミステリー邦画はコナンだけです。だからコナン映画は面白いのです。アニメ最高。
自らの行いに責任をとる覚悟があり、今作で見事に証明されたように命がけで清算できる能力もきちんと持っているからこそ降谷零はゼロに成り得たんだろう、ということはわかります。しかし、もう少し愛する日本を守る為の手段を選ばない行動に納得出来るような落としどころがあったらもっと良かったです。答えを出すのは途方もなく難しいということも理解しているのですが…。もちろん悪い事をしてる自覚があってそれでもやらなくちゃいけないんだ!という描写はあったし、違法な捜査はなるべくするなと発言するシーンはあったものの、全体を通して降谷零はあまりにも背中で語る男すぎます。かっこよすぎます。でもヒーローは本来降谷零のようであるべきなんですよね。迷いがあって良い立場ではない。降谷零にとって国は恋人なんだし手段を選ばなくても仕方ないでしょ!ってことなのかな。正義って難しい。

これを打っていて気がついたのですが、原作を踏まえてよくよく考えたら降谷零もスコッチ殺されて私怨をもって何かとFBI相手に喧嘩ふっかけるような真似するくらい心乱されてるくせに、それは棚に上げて「あなたには責任能力がない!(ドヤ)」とか言われても……というのもありますね。モヤモヤの正体これかな。(実際あの事件はFBIや油断した赤井秀一が悪かったのも事実ではありますし恨んでも仕方ないところもある…。)
その辺はメディアミックス作品だから多少は目をつぶらなくてはいけないのかも。この映画の中の降谷零は完全無欠のかっこいい男!そしてこの映画は降谷零のかっこいいところをみんなに見てもらう為の作品!かっこいいお兄さんのかっこいいシーンがたくさん見れてよかったね!とりあえずそういうことにしておきます。

降谷零は飛び道具としてアクションシーンを全て持っていかせて人間ドラマパートはもう少し風見裕也に華を持たせれば…とか、口パクのシーンは結局なんだったのか…などなど、他にもいろいろ思うところがあるのですがキリがないのでこの辺でやめておきます。

(諸々間違っていたらすみません。)
公安と検察の関係とか面白かったし実際の世界でもある程度公安に対する忖度的な処理はあるんだと思った。でも年々アクションじゃなくてもはや魔法使いに思えてくる演出何とかして欲しい。あと現代ガジェット無理くり入れた感がすごい。