K SEVEN STORIES Episode5 「メモリー・オブ・レッド BURN」の作品情報・感想・評価

K SEVEN STORIES Episode5 「メモリー・オブ・レッド BURN」2018年製作の映画)

上映日:2018年11月03日

製作国:

上映時間:64分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「K SEVEN STORIES Episode5 「メモリー・オブ・レッド BURN」」に投稿された感想・評価

みぃ

みぃの感想・評価

4.0
泣けます。
このストーリーが一番良かったかも。
8/1
Amazonvideo
EriFukane

EriFukaneの感想・評価

2.0
監督による追加シーンが泣けた。
夏野

夏野の感想・評価

3.5
記録
20181107劇場観賞
あおい

あおいの感想・評価

3.5
親友と大阪で

泣いた……わかってたけど泣いた
2期のアンナが王になる話でめっちゃ泣いたのを思い出した…

宗像さんの私服が大学生みたいでめっちゃ笑った
ymak

ymakの感想・評価

-
SBと同じで1時間すっぽりと収まりの良いストーリー。K7SでオススメするならこのメモリーオブレッドとSB(サイドブルー)かなと思う。特にメモレは号泣必至で、初日の観客は過呼吸気味だった。メモレを見た後にK一期を観るとまるで感じ方も違ってくると思う。普通アニメは1話からがセオリーだけどKはどこからでも見ることができる。

このレビューはネタバレを含みます

今迄の中でも個人的には1番好きでした👍
アニメの前日譚で十束君の殺されてしまう迄のSTORYを濃密に仕上げているなと思いました❗❗

少し泣きそうになりました💨
『吠舞羅』のファンではない人でも十分満足出来る映画なのではと思います❗

とても面白かったです❗❗
上総

上総の感想・評価

3.7
めっちゃ泣いた…どの部分を映画にするのかなあと思ってたけど、多々良さんのあのシーンが多くて、ほんとしんどかったけど、良かった
ホムラ好きにはたまらないと思う
氷翆

氷翆の感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

アニメ1期で多々良さんが開幕故人であった襲撃から数年…毎回ほんの少し回想で出てくるだけでも嬉しかった多々良さんがどうして無色の王の手にかかることになったか
そんな前日譚のお話
まさかアンナちゃんの誕生日前日だったとは思わず、話が進んでいくごとにこれはまさか…からのバーで皆がハッと多々良さんを見て意味深に見送った時点で、これは確定です…と胸が痛くなった
予告の草薙さんの台詞は完全にフラグだし回収が的確すぎて
撃たれたあとの多々良さんの独白は特典カードのSSの内容と繋がって涙が止まりませんでした
皆も相当つらかっただろうけど、アンナちゃんのことを思うと本当にかわいそうすぎるし、このあと尊さんも…だし、それなのに赤の王として彼らの意思を引き継いだアンナちゃんの強さと尊さに改めて感動させられた
実は公開初日に観に行ったのですが、つらすぎてレビューに間が空いてしまった…改めて素晴らしい作品を映像化していただいたことを感謝いたします。
いよいよ次でseven storys も最後!楽しみです
>|