抹茶マラカス

交渉人の抹茶マラカスのレビュー・感想・評価

交渉人(1998年製作の映画)
4.1
面白かった。
冒頭で主人公の交渉人としての手腕と突入したがりなそれ以外の面々をしっかり紹介した上で、主人公が立てこもり犯となる状況でもその土台を生かしてる。
交渉相手のケヴィン・スペイシーとの相思相愛ぶりもたまらないが、互いに、そして真犯人に対してもはったりのかましあいだし、それが出来るのが提示された上でなので説得力がある。
欲を言えば、もっと敵が大きいと思ってたのと舞台移動なしで解決まで行って欲しかった。