ルームロンダリングの作品情報・感想・評価

ルームロンダリング2018年製作の映画)

上映日:2018年07月07日

製作国:

上映時間:109分

3.6

あらすじ

5歳で父親と死別し、その翌年には母親が失踪してしまった八雲御子(池田エライザ)。その後は祖母に引き取られたが、18歳になると祖母も亡くなり天涯孤独に。度重なる不幸で自分の殻に閉じこもってしまった御子のところへ、母親の弟である雷土悟郎(オダギリジョー)が現れ、住む場所とアルバイトを用意してくれることに。しかし、そのアルバイトとは、訳アリ物件に自分が住むことによって“物件を浄化する“というルームロン…

5歳で父親と死別し、その翌年には母親が失踪してしまった八雲御子(池田エライザ)。その後は祖母に引き取られたが、18歳になると祖母も亡くなり天涯孤独に。度重なる不幸で自分の殻に閉じこもってしまった御子のところへ、母親の弟である雷土悟郎(オダギリジョー)が現れ、住む場所とアルバイトを用意してくれることに。しかし、そのアルバイトとは、訳アリ物件に自分が住むことによって“物件を浄化する“というルームロンダリングだった。ルームロンダリングを始めて以来、幽霊が見えるようになった御子。幽霊と奇妙な共同生活を送る中、御子は失踪した母親との再会を果たすが…。見終わった誰もが暖かな気持ちになるステキな物語。

「ルームロンダリング」に投稿された感想・評価

kanz

kanzの感想・評価

3.5
事故物件で亡くなった幽霊と絡むお話…ドラマ向きだなぁ〜…もっと各部屋の話を掘り下げて欲しいなと感じる

渋川さんのパンクロッカー役が当たりだな!オダギリジョーも胡散臭い役が似合う
そして、池田エライザ乳デカッ!
K

Kの感想・評価

3.7
記録
mura

muraの感想・評価

3.0
ほぼ寝てた。映画を見ながらこんなに寝てしまったのは久しぶり。仕事で疲れていたとしても…

ルームロンダリング。自殺、殺人等がおきた部屋に誰かを一度住まわせて、事故物件であることを「浄化」する。不動産屋にその任を与えられるのは、常にヘッドホンをかけて外部を遮断し、アヒルのランプを持ち歩く女子。彼女は幽霊と会話することができて…といった話。

とにかく眠かった。眠いからノレないのか、ノレないから眠いのか。いずれにしても、これだけ寝てしまったら評価もできない。

冒頭に田口トモロヲが出てきてルームロンダリングを説明するまではよかったけど、池田エライザを見たときに「あっ、これは寝てしまうな」と。なぜだか。時にはこういうことでノレないこともあるかな。
ゲル

ゲルの感想・評価

3.3
オカルト要素を含んだコメディー作品。
ストーリーはわかりやすいのだが、その分趣きや雰囲気に欠ける。
テレビドラマ的とも言える。
御子の母親のくだりはオチが読めてしまった。
「サルカニ合戦」はドタバタでかなり寒い。
御子役の池田エライザは可愛いのだけれど、ウジウジしたキャラに時々イラっとさせられた。
警察官役のTKO木下はミスキャスト。
顔を見るとどうしても芸人木下を思い浮かべてしまい、集中力が切れてしまう。
キミヒコ役の渋川清彦はなかなか良い味を出していた。
ヘバ!good-bye、聴けて良かった。
ストーリー的にはそれ程捻りは無いですが主演のエライザさんが魅力的で可愛かったです。
個人的には、大学生の作った自主映画のような印象を受けてしまいました。

設定やキャストなど魅力的な部分は沢山あったので残念。感情移入出来ないまま、終わってしまいました。

池田エライザさんは可愛かったです。
きなこ

きなこの感想・評価

3.9
ミコほどの経験がなくても人と話すのが苦手でクラスで浮いていたり、いつも下ばかり見て相手の顔を見るのが苦手だったり、何か起きてるけれど知らないふりをしたり、そんな人と関わるのが苦手な私のような人たちにほんのちょっとだけ関わってみようかな、って気持ちにさせてくれます。切ないけれどなんだかほっこりして胸に陽だまりができたような、映画館をなんだかぽかぽかした暖かい気持ちで出れる作品でした。
RYO

RYOの感想・評価

3.7
主人公は、思ってたよりもこじらせてなかった。かわいい娘だったからかもな。
Chisato

Chisatoの感想・評価

3.5
設定が面白そうだったので鑑賞しました。

未練を残して成仏できない幽霊たち、自分勝手なんだけどどこか憎めない。
幽霊ものですが全然怖くない、ほっこり映画でした☺︎
na

naの感想・評価

3.3
池田エライザちゃんがひたすらに可愛かった!亡くなった人と話せる能力あったらこの世から少しは後悔とか減りそうだなあって思った。まあ冷静に怖いけど。不思議なお話で面白かった!
>|