古池

千と千尋の神隠しの古池のレビュー・感想・評価

千と千尋の神隠し(2001年製作の映画)
3.8
録画してたのを久々に観たので再レビュー。
大好きな映画ではないけれど、観るとけっこうかぶりつきで観てしまう。謎の面白さ。
映像も綺麗だしハクは美少年。音楽も素晴らしい。
今回意外だったのは湯婆婆が、かなりまともな経営者だったこと。いちおう敵役なんだけど、手柄をあげれば誉めてくれるし責任は個人にとらせようとはするけど、いざとなったら「お客様とて~」って前に出てきてくれるし、湯婆婆が好きになった。
「釜爺はなんでそんなに優しいの?」って娘に聞かれて「……釜爺だからじゃない?」と流したけど、途中休憩入れてる間に頭が働いて「どこにでも優しい人はいるってことじゃない?」ってフォローしときました。
初期作品のほうが好きではあるけれど、実はヒロインとしては超人・姫ねえさまより、ふつうの女の子・千尋が好きかも。

追加 昔はハク様に夢中過ぎて正体に脱力したけど今回はそうでもなかった。まあ、納得はしかねるけど。