悠

千と千尋の神隠しの悠のレビュー・感想・評価

千と千尋の神隠し(2001年製作の映画)
5.0
【トンネルの向こうは不思議の町でした。】

「今日(こんにち)、あいまいになってしまった世の中というもの、あいまいなくせに侵食し尽くそうとする世の中を、ファンタジーの形を借りて、くっきりと描きだすことが、この映画の主要な課題である。」


宮崎駿監督の言葉。
これを知ってから、しっかり、金曜ロードショーでみたら ハッ ってなった。でもまだ難しいなぁ、考えずにみても、傑作なことに変わりはないんだろうけど。15年前か、何回観たんだろう。いや〜、やっぱり凄い、映画の力に、圧倒される。