EditingTellUs

千と千尋の神隠しのEditingTellUsのレビュー・感想・評価

千と千尋の神隠し(2001年製作の映画)
4.2
January 6th

何度目かわからないが、このタイミングでもう一回見たのでレビュー。
邦画歴代興行収入1位。この揺るぎない事実は、この映画の価値を体現している。

絵の美しさは今までに何度も述べてきたので割愛。
こんかいは、アニメーションのカメラワークに注目して見た。ジブリの原画展に行くまでは、どうやってこのアニメーションを撮影しているのだろうとか思っていたが、なるほどなるほど。実際のカメラワークに近づけるように、アニメーター達がいくつもの消失点がある背景画を描き、それに合わせてカメラを実際に動かし、さらには奥行きを表現するために、数層の絵を異なるスピードで動かしている。これを知った上で見ると、よくできたものだと感心してしまう。それ以上に、コマ送りでしか撮影可能でないキャラクターの動きに注目が言ってしまうのはしょうがないことか。それが宮崎さんの革命なんだから。

ほんで、最近注目してきたスクリプトライティング。まだ基本の基本だが、。どこで盛り上げて、どこで落として、どうやってエンディングを持っていくのか。そこを見てるとさらに映画が面白くなる。それらと撮影、音楽、編集が相互関係を持っているからサブイボが止まらんくなる。

やっぱ日本語の方が表現力大きい気がするなー。