けい

千と千尋の神隠しのけいのレビュー・感想・評価

千と千尋の神隠し(2001年製作の映画)
4.0
なんだろう。
とても魅力的で、美しい世界を描いているのに、この映画は理解しづらい。あくまで私見で述べると。

色々な変化を嫌だと考えているシーンから始まり、突拍子もない変化に巻き込まれていく千尋。最後の最後、世界の見方が大きく変わった千尋なのだと思う。

世界にはルールがある。でもルールに乗った上で、何をしていくかは自分なのだということに気づいて、前を向いて歩いていく。

だから、後ろを振り返らないのではないかな、と思った。