PACO

千と千尋の神隠しのPACOのレビュー・感想・評価

千と千尋の神隠し(2001年製作の映画)
4.6
映画館での鑑賞は格別だった。
名作だと思う。
あんなに怖がりでいかにも1人でなにもできなそうな千尋が、全く何も誰も知らない場所で働き、生活をして、最後には大成長を遂げる。
子供の頃にはない、感動があった。
物語もそうだけど、キャラクターも好き。
内気で鈍臭い千尋も魅力的だし、ハクのミステリアスで鋭い目つきも最高。何より湯婆婆の迫力はいつ見てもビビる。
それぞれのキャラクターがしっかりと存在感あるところがこの作品が好きな理由でもある。
そして、絵の美しさ。どこか暖かみがあって、迫力がある。映画館では特に圧倒された。
本当に全てにおいて、素晴らしい作品だと思う。
公開された時、2歳か3歳とかだと思うが映画館で観た。その時は湯婆婆が怖すぎて大泣きした記憶がある。
今は、湯婆婆が怖い以外にも沢山違うものを感じられる。それが少し嬉しかったりする。
これから先、また観たら見え方が変わる気がする。それも楽しみ。