みきちゃ

スパイダーマン:スパイダーバースのみきちゃのレビュー・感想・評価

4.7
どこから褒めちぎればいいのかちょっとわからないんだけど信じられないことにコミックのままアニメしてたしCGアニメなのに手書きだったし 2Dしながらもめっちゃ3Dだった。

かっこいいOPからかっこいいEDまでぶち抜きで目から耳から情報量はんぱなくて処理能力がショートして快&眠♪などしながら2回鑑賞。4DX3D吹替版は、時々かの鳳凰院凶真がよぎった吹替が素晴らしくて(よぎってない)、4DXも効果を感じられるレベルで良かった。IMAX3D字幕版は、エキスポシティのIMAXレーザー様やはり神…ってなって最高。とにかく劇場で3D鑑賞する方々がたくさんいますようにと願い願って切に願う。

褒めちぎりたいのは技術や見栄えにとどまらず、中身だってたっぷり。“ブラックパンサー”や“クレイジーリッチ”などと並ぶ、アンチトランプ政権の産物の代表格映画になったと思うし、ヒーローとしては非常に人間味のある SPIDER-BOY&MEN&GIRLS&PIGを逞しく優しく描いてて成長譚としてもアツい。年齢国籍性別の壁をものともせず全方位へ伝達可能な笑いとかっこよさとメッセージが込められた物語は元気をくれる。ニューヨークのストリートカルチャーと音楽がヒップにホップしてたのも最高だった。このサントラに参加した若手の中から世界的アーティストがきっと生まれるんだと思う。

画風ばらばらの無秩序さをなぜかありよりの超大ありにもってけてたアニメーション。共闘の夜にはニューヨークの街をスイングして跳躍する快感も倍増。追いついてなかった情報処理がちょっと落ち着いた2回目鑑賞時には、クリエイター達の原作愛?コミック愛?と言って良いのかどうなのか、「原作コミックのこのコマ割りを、むしろコミック2D感増し増しにしてモーション付けてさらに3Dにして劇場スクリーンにぶちかますのちょうたのしいヒャッハー♪」という声がして(してない)、好きなことを最大限に楽しんではるっぽい様子漂う贅沢みの深さに私も高まった。重ねて言うけどOPもEDもほんとかっこよかったなあ。この映画はトッポなの?最後までチョコたっぷりなの?

右脳も左脳も忙しく狂喜乱舞させてもらえてよかった。あー、とんでもないわ。(とんでもない)

“A hero isn't the one who always wins. It's the one who always tries.”


======
そういえばマイルスの名字はモラレスで、UncleとDadの名字はデーヴィスなのなんでなん。

====
ルービックキューブアート
https://youtu.be/1WhCnStns4Y