スパイダーマン:スパイダーバースの作品情報・感想・評価

スパイダーマン:スパイダーバース2018年製作の映画)

Spider-Man: Into The Spider-Verse

上映日:2019年03月08日

製作国:

上映時間:117分

ジャンル:

4.3

あらすじ

「スパイダーマン:スパイダーバース」に投稿された感想・評価

IMAX3D字幕観賞。
マーベルの自由なユニバースの世界観と映像美が凄まじい。こんなのアニメーションでなければあり得ない!という展開をこれでもかと盛り込むコミックへの愛情と、この世界観を作り出したスタン・リーへの敬意を言葉では表せないほど感じられる最強、最高、至高の一作。

観るならば絶対に映画館で!!
ゆゆ

ゆゆの感想・評価

3.5
スパイダーマン全く知らんけど面白かった!
ペニー・パーカーちゃんかわいすぎ
映像と音楽がバッキバキにキマってた。映画館で見ていたらもう少し評価高くなったと思う。ストーリーは普通。いや、良い脚本だと思うけど、最近の映画はどれもこれも話が素晴らしくてこれですら普通に感じてしまった。という感じ。

スパイダーハムがお気に入り。漫画なめるなよ!🐷
かど

かどの感想・評価

4.0
まさに「動くコミック」のような画期的な映像表現、ヒロイックな脚本、アクションの派手さ精密さかっこよさどれを取っても最高。この作品だからリアルな映像で攻めるピクサーに対抗できた。もっとあの作画でアメコミアニメ映画が観たい。
うっき

うっきの感想・評価

4.4
トニーが死んで初めてのマーベルだから少し悲しかったけど、ピーターとトニーが被るシーンがあって成長を感じた😢

最後がまた気になる終わり方w
アロー

アローの感想・評価

5.0
ピーター・パーカーの突然の訃報で悲しみに包まれるニューヨーク。 中学生のマイルス・モラレスはピーターと同じクモの力を持っていたが、その力を上手くコントロール出来ずにいた。ある日、何者かにより時空が歪められ、様々な時空から全く異なる次元のスパイダーマンたちが飛び出してきて――。



いや、ナメてた。

この映画を観るまで「スパイダーマン、また映画化か…。私はアルスパとトムホ派だからなぁ…」なんて思ってた。マジでごめんなさい。めっちゃよかったです!!!

こんな映像は初めて。画面いっぱいに弾ける色と効果音、これは映画館で観て大正解だった。確かCGアニメに手書き風の装飾がしてあるんだっけ?ものすごい手間暇かかってんだろなぁ…。

キャラ紹介もポップでカワイイし、嫌味なキャラもいなかった。特にメイおばさんがカッコよすぎて震えた(笑)。これは吹き替えも観なきゃ!

今この感想を書いてるのが2019/07/22で、鑑賞したのは2ヶ月以上も前。だから細かいところを覚えてないので、また改めて見直してからちゃんとした感想を書く!
ご飯

ご飯の感想・評価

3.9
面白かった〜!
実はトムホスパイダーマンしか知らないので、いっぱいいる〜!と感激してしまいました。
人の優しさとか努力とかとても爽やかに感じました。

あとはなんか劇場内で味噌汁の匂いがしていた記憶です。
C3POB1

C3POB1の感想・評価

3.8
とにかくアメリカン・カートゥーンをコマ割りのリズムまでそのまま動画化したような映像表現に脱帽。

マイルス・モラレスが、ピーター・パーカーの後を継いで二代目スパイダーマンとなるまでの物語。

どのシーンで一時停止しても、全カットがそのままポスターになるくらいフォトジェニックでクール!これがグリグリ動いて回って喋って暴れて、最後まで目と耳を掴んで離さない。

近年躍進著しいマーベル・ユニバースとは別の、素のアメコミヒーローをそのまま映像化したらこういう感じ、っていうノリで観て楽しめるステキな一本ではないでしょうか。
hiyori

hiyoriの感想・評価

3.4
実写スパイダーマンより、大分コメディーでアメコミ寄りに作られているというのが第一印象。映像は流石に凄い。ストップモーション風の撮り方にはアニメ界を牽引するという野心すら感じる。脚本としても、ヒーローの宿命や親子の絆をちゃんと描いて、序盤で張った伏線も終盤で回収していたので見応えがあった。
ただなんかちょっとアメコミの密度の高さにもうちょっと中盤で飽きてしまって、予告で見れば分かる通りよく分からないキャラクターがいっぱい出てくるけど、そういうのは一々許容しなきゃいけないのもまた面倒くさく思えてしまった。
>|