スパイダーマン:スパイダーバースの作品情報・感想・評価

スパイダーマン:スパイダーバース2018年製作の映画)

Spider-Man: Into The Spider-Verse

上映日:2019年03月08日

製作国:

上映時間:117分

ジャンル:

4.3

あらすじ

「スパイダーマン:スパイダーバース」に投稿された感想・評価

たじま

たじまの感想・評価

5.0
最高。全部原作読みたくなった。
sakotsu

sakotsuの感想・評価

3.8
ギュギュギュイーーン!!ていう感じの気持ちの良い映像表現
eb

ebの感想・評価

-
しょっぱなから音楽が最高
センスも最高キャラも最高
小ネタアリで楽しめた🤘🤘🤘
個人的にスパイダー・ハムがつぼ🤭
Blu-ray買おかな
mu

muの感想・評価

3.8
なんかもう色々とわちゃわちゃしてた
セカイ

セカイの感想・評価

4.0
コメディ要素強め
063

063の感想・評価

4.2
笑いあり涙ありで見れました。

登場する全てのキャラクター全てに魅力があり、とても感情移入して充実した時間を過ごすことが出来ました。

世界観、戦闘の見せ方、音楽、絵柄、どれも素晴らしく見入ってしまいました。

素晴らしかった!!!
全く新しいスパイダーマンだった。
そもそもスパイダーマンの概念とはなんなのだろう?
たくさんの種類のスパイダーマンが出てきたのだけれど、
そのどれもを、我々は「スパイダーマン」と同類であると即座に認識したと思う。
実は我々は、スパイダーマンをビジュアルで認識しているのかもしれない。
しかも、それらは「かつ」ではなく、「または」で認識している。
赤と青、または、蜘蛛の巣の模様が入っている、または、目が左右に上がっている。
それさえあれば、蜘蛛の巣を出さなくても、ロボットであろうとも、
スパイダーマンであると認識するのかもしれない。
実は、アメコミのヒーローはそういった要素がある。
ヒーローは基本的には形なのだ。
アイアンマンだって、ハルクだって、マイティ・ソーだって、ブラックパンサーだって
全部そんな感じがする。
つまり中身の人は誰であろうと関係ない。
鉄の仮面を被るのか、緑の巨体なのか、ハンマーを持っているか、黒いスーツを着ているか、
それだけで我々は彼らのことを判断している。

それを逆手にとった、非常に挑戦的かつエキサイティングな作品であった。
つまりはなんでもありなのだ。
なんでもありのアクションになんでもありの映像。
それを全く新しい、完璧なエンターテインメントにまとめ上げている。
絶対に評価すべき作品だと思う。
wyzbar

wyzbarの感想・評価

3.9
2019~122作品目
□物 語 ★★★★★ ★★★
□配 役 ★★★★★ ★★★
□演 出 ★★★★★ ★★★
・テ ン ポ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆
・喜怒哀楽 ☆☆☆☆☆ ☆☆☆
・ドキドキ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆
・雰 囲 気 ☆☆☆☆☆ ☆☆☆
・エンディング ☆☆☆☆☆ ☆☆☆
□映 像 ★★★★★ ★★★
□音 楽 ★★★★★ ★★
mflyo

mflyoの感想・評価

4.0
蜘蛛に噛まれた少年マイルスは亡きピーターパーカーの仇打ちにキングスピンと闘う。今回のスパイダーマンは一人じゃない。別次元から来たちょっと怠けたピーターパーカーや、グウェン、女子高生や私立探偵、ブタ。

ゴリゴリのCGから漫画吹き出しを使うアナログ手法が混在、
アメコミ、米国カートゥーンアニメと日本アニメのいいとこ取りしたような感じ。別次元や精神世界の表現方法はDevilman crying babyクラスのハイクオリティ。
ストーリーはあるあるの主人公の挫折と成長、家族の愛、勧善懲悪だけど、家族の愛は少年と親父、叔父さんというのがあまりないのでなかなか良かった。
現時点、最先端のアニメ映画。だとは思うけど、日本の女子高生がちょっと中国人ぽかったかな。
>|