スパイダーマン:スパイダーバースの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

上映館(1館)

スパイダーマン:スパイダーバース2018年製作の映画)

Spider-Man: Into The Spider-Verse

上映日:2019年03月08日

製作国:

上映時間:117分

ジャンル:

4.3

あらすじ

「スパイダーマン:スパイダーバース」に投稿された感想・評価

Kana

Kanaの感想・評価

4.8
実写だと思って見に行ったらアニメでがっかりしていたがストーリーが面白く大満足
HeartFull

HeartFullの感想・評価

4.5
スパイダーマンなのにあまり話題になってなかった印象があり残念、アニメだからとなめられてた感じ笑?せっかく日本人の女の子も出てくるのに笑、アメリカのアニメ映画はピクサーを代表とする3Dアニメと思われて見られなかったのかな?逆に話題にならなかったからなのか、タレントを声優に採用せず本業の方々で行われています。
この映画は3Dアニメとは全く違う見方のマンガテイストで書かれたアニメーションで日本が作るマンガを原作にしたアニメ映画の現段階での完成形だと思う。
アニメ好きは絶対に見ておかなければいけない映画、この映画の魅力は映像だと思うのでぜひ普段字幕派の方もアニメなので吹き替えで見てもらいたいです。
TOMMY

TOMMYの感想・評価

4.7
高校生のマイルスは、ある日突然変異したクモに噛まれて特殊な能力を得た。マイルスは、駅の地下道で怪しげな人物が何やら実験をしているところに居合わせる。そこにスパイダーマンが現れ、実験を阻止しようとするが、加速器が誤作動し重症を負う。スパイダーマン──ピーターはマイルスに小型のメモリースティックを託した後、キングピンによって殺害された。ニューヨーク中にスパイダーマンの死を知らせるニュースが広がり、後に彼の告別式が開かれる。そんな時、マイルスは異次元から来た“別の”ピーター・パーカーと出会った──。

「 大いなる力には、大いなる責任が伴う 」

最高!!!!!!でした!!!!!!
アニメ映画でこんなにワクワクして泣いたことはない!!!!!
アメコミならではの「様々な世界線が存在する」という設定を最大限に活かした作品である。様々なスパイダーマンが登場し、世界を救おうともがくその姿は最高に格好いい。
序盤ただの高校生であるマイルスが、コミック化されたスパイダーマンの真似をしてビルの間を飛ぼうとするところなど、スパイダーマンのファンにとっては堪らない演出が沢山だ。退屈だと感じる瞬間など1秒たりともなかったが、特にぞくりとしたのが後半、マイルスが父親の話を聞き心境を一転させてからの展開と映像美が凄まじい。悪へ加担していた叔父との死別の後、「巻き込まれた高校生」から「ヒーロー」へと変わった瞬間、どのスパイダーマンも歩んできたそのターニングポイントを経て、ビルから飛んでみせたマイルスの堂々たる態度。
そしてラストバトル。どうしようもなく鮮やかで美しい映像とともに、最高の盛り上がりを見せてくれた。様々な境遇のスパイダーマンたちが全員で力を合わせて立ち向かうアツい展開。伏線回収も見事で、無駄な部分が少しもないところも評価できる。

“ いつかここから飛び降りてみたいな
僕の強さを信じられたら ”

賛否両論あった日本語版の主題歌の歌詞を鑑賞後にみて、さらに鳥肌がたった。私は好きです。アニメだと犬猿せずにとにかく観て欲しい作品。
アニメはやっぱり日本がNO.1!という幻想が粉々に打ち砕かれる衝撃。
久しぶりに円盤を予約購入!!!
劇場では3Dで見れなかったので、家でじっくりと。
楽しみ!
moo

mooの感想・評価

5.0
超だいすき
あんなにも刺激的な視覚効果!
ステキです!
中毒性のある映像に魅了されてたらいつのまにか終わってしまいました!
Blu-ray出たら買います!
わりと感動した。
飛行機の中で観たけど、
映画館で観たらもっと迫力あるんだろう。
S

Sの感想・評価

3.8
記録
k

kの感想・評価

4.6
音楽と映像ももちろん、全体的にアニメだとなめてかかったら痛い目にあったよ