スパイダーマン:スパイダーバースの作品情報・感想・評価

スパイダーマン:スパイダーバース2018年製作の映画)

Spider-Man: Into The Spider-Verse

上映日:2019年03月08日

製作国:

上映時間:117分

ジャンル:

4.3

あらすじ

「スパイダーマン:スパイダーバース」に投稿された感想・評価

ま

まの感想・評価

4.5
アニメーション革命。
途中、作画のバラバラなキャラクターが出揃うシーンは、その作画のバラバラ具合から違和感や不安を覚えて微妙だなと思いきや、見ているうちにそこがまた良く思えてくる。噛めば噛むほど系映画。
Scigurhhh

Scigurhhhの感想・評価

4.0
「スパイダーマン:スパイダーバース」脚本家、アニメ監督、アニメーターなど3人によって監督された本年度アカデミー賞長編アニメーション部門受賞作。

この作品において何よりも斬新なのはこのアニメーション。CGパラパラマンガの超強化版とも言うべき不思議な動きとコミックスを意識したアニメならではの演出は観ているだけで爽快。
加えてお話の方も多次元宇宙論的な、まさにスパイダーバースという感じで入り組んでおり心踊る内容。そして主人公がグラフィティライターに憧れていると言う素敵な設定。

日本のアニメにも相当の影響を受けており、見るからにソレなキャラクターも登場します。
レンタルで鑑賞。映像も音楽もストーリーも最高だった。エンディングまで制作側の美意識に溢れていた。劇場で鑑賞しなかったことが悔やまれる。爆音上映とかあったら行きたいなぁ。。
コミック等の映像化って原作ファンからすると複雑な思いかもしれないが、映像表現にコミック原作ならではの遊び心も感じられ、きっと原作好きも納得できる作品ではないか と感じた。
ニューヨーク(ブルックリン)の空気感も存分に感じられ、行ってみたくなった。主人公の等身大なキャラクターやストリートファッションも魅力的だと思う。
u

uの感想・評価

-

記録!

編集中
オープニングからエンドロール後まで全て良かった!

映像もスタイリッシュで空を飛んでる感じが気持ち良かったし、音楽もカッコイイ!お話もとてもわかり易く、ボクでもいつかはスパイダーマンになれるかも?な〜んて想像の翼を広げさせてくれた

映像の情報量が凄まじいので、吹き替えの方がオススメ

オーケイ、じゃあもう一度だけ説明するね

オープニングからエンドロール後まで全て良かった!
GEKI

GEKIの感想・評価

5.0
最近観たアニメ映画で一番良かった。
劇場で2回観ました。
映像もストーリーも素晴らしかった。
majimaji

majimajiの感想・評価

4.0
3Dブルーレイを買って家でヘッドマウントディスプレイで鑑賞。
前半面白くなく途中でやめようと思った。何でこんなDVD買ったんだろうと後悔した。しかし!
どんどんストーリーが進んで行くと、そこはもう誰にも止められない、映画では見た事のない世界だった。最後は巷の評価に納得した。面白かった。
森ゴリ

森ゴリの感想・評価

4.8
想像よりも面白い。
異世界からたくさんのスパイダーマンが参上!おじさん、真っ黒、美少女、ロリっ子、ブタ🐷
みんなそれぞれ能力もキャラも違うけど、
一つだけ共通してること…愛する人を失っている。
スパイダーマンの苦しみがわかるのは、
スーパーマンでも、キャプテンアメリカでもなくスパイダーマン自身。

めっちゃ心に刺さったのは、
この仕事で一番辛いのは、全員は助けられないことだ
ってセリフ。

今までの映画のスパイダーマンのキャラってよりは、デップーに近い。いや、もはやデップー

ヒーローってかっこいいけど
辛いんだね、こんなにも立ち上がることを求められて大変だねってなりました。
>|