スパイダーマン:スパイダーバースの作品情報・感想・評価

スパイダーマン:スパイダーバース2018年製作の映画)

Spider-Man: Into The Spider-Verse

上映日:2019年03月08日

製作国:

上映時間:117分

ジャンル:

4.3

あらすじ

「スパイダーマン:スパイダーバース」に投稿された感想・評価

AiriHirose

AiriHiroseの感想・評価

3.7
私はしばらくスパイダーマンごっこをするでしょう。
日本のアニメは世界一だというのは驕りであったと知った作品。これは勝てない。

このレビューはネタバレを含みます

とても良かった。
アニメ表現としてアメコミの雰囲気を残しながら独特なタッチのCGアニメで

ストーリーも主人公の成長と色々な世界のスパイダーマンが集まって悪に立ち向かう。というスパロボ感のあるところも良き

ヴィランも複数集まっていて
スパイダーマン祭り極まれり

ただラスト、ピーターとの別れのシーンの盛り上がりがあってからボスヴィランと戦っていたが

ある程度その順番が逆だった方が盛り上がった気がするなぁと個人的には思うところが少し惜しかった気がする
ヘブン

ヘブンの感想・評価

4.0
既存のスパイダーマンの遺産を尊重しながらも新しい形のスパイダーマンを作ったなと感心。シリーズが積み上げてきた遺産をたったの一作でぶっ壊した「最後のジェダイ」とは全然異なる道を選んだことにまた感心。
きくち

きくちの感想・評価

4.2
たくさんのスパイダーマン(ウーマン)を観ることが出来てとても楽しかったです。とってもかっこいい映画でした。
年内過去分
孤独を癒し、教えを授ける平行世界。見るものすべてに向けられた、信心の跳躍、自己実現せよ…という呼びかけ。そこは泣いた。
くずこ

くずこの感想・評価

4.5
スパイダーマン好きにはたまらないアニメ!
登場人物それぞれが登場する際の名乗りが一緒な部分がすごいツボにはまりました。
ざっくりまとめるといろんな世界線のスパイダーマンがスパイダーマンになったばかりの主人公を助けて悪者をやっつけ世界を救う話。
普通は相談できないヒーロー特有の悩みを分かち合ったり、年の近いグウェンとはいい雰囲気(?)になったり。ドキドキワクワク。
2Dで見たが、コミックの中を歩いているような雰囲気を出す為の独特の演出が視点が定まりづらく 画面酔いしそうだったので少しマイナス。
スパイダーマン自体は結構好きで
公開時近くの映画館で上映がなく
時間は大分経ったが自宅で鑑賞

映像の美しさ 音楽のグッドチョイス感
家族と仲間の大切さ
失敗する事の意味と大切さ

アメコミ感の表現の仕方
まさに今だから出来る表現
様々なスパイダーマン🕷がいる
楽しさ スパイダーマンだけの
アヴェンジャーズ的な

shoulder touch!からのHEY!

楽しめました
>|