スパイダーマン:スパイダーバースの作品情報・感想・評価

スパイダーマン:スパイダーバース2018年製作の映画)

Spider-Man: Into The Spider-Verse

上映日:2019年03月08日

製作国:

上映時間:117分

ジャンル:

4.3

あらすじ

「スパイダーマン:スパイダーバース」に投稿された感想・評価

kng

kngの感想・評価

-
想像以上におしゃれでかっこよくて最高なアニメーション!話も良くて、感動した。
piglet

pigletの感想・評価

4.2
実写を超える迫力は出せないと思ってたがそんなことはなかった。
ストーリーがスパイダーマンと共に頭の外から飛び跳ねて入ってくるような感覚。
グラフィック・音楽・キャラデザ・配色すべてが良い意味で多分に大味でCOOLさが突き抜けていた。どのスパイダーマンシリーズにも属さずあくまで外伝的位置付けにはなるだろうが、手軽にエクストリーム感を味わうには持ってこいの傑作。

日本産アニメがドラマ性や写実的に細かな造形に特化してると仮定すれば、このスパイダーヴァースは正に対極に位置している。

タイムリープものは頭が疲れるしトムホランド版スパイダーマンシリーズは個人的に好きになれなかった分期待値が低かったせいか、久しぶりにアガりっぱなしで鑑賞出来ました。

特にマイルス版スパイダーマンとスクールメイトのスパイダーマン・グウェンのビジュアルは大好物!!
ぽむ

ぽむの感想・評価

-
涙腺緩んだままだったらしいw
「ひとりじゃない、仲間がいる」なんてシンプルな言葉で泣くなんてw

自分の好みではない音楽なのに、この映画の音楽がいいって思う時はきっと本物。音楽がいいし、あってる。タイミングというかカウンと絵がズレてるのはきっとわざと。それがニューヨークスタイルなんだな。
アニメかって言われると、私の知ってるアニメとは違うけど…。でも、アニメに抵抗ある人もいける映画だと思う。(ヒーローものに甘くなっている気はする…)
Scopio

Scopioの感想・評価

-
グリッチング。
ずっと最高かよー。
TUTUSIA

TUTUSIAの感想・評価

4.5
CGアニメーションだから表現できる映像表現は圧巻。
キャラクターCGはコミックのようにデフォルメされているが表情や動作にリアリティがあり、実写とコミックのいいとこ取りな感じがありました。

コミック的な映像演出や爽快な音楽で迫力は最高、ストーリも良く胸熱でした。

コミコンやエンドクレジット後の小ネタなど、笑える部分もあり総合的に楽しめる作品でした。
機内で鑑賞。スパイダーマン達が俺ら大変だけど、お互い頑張ろうぜと言い合う映画。原作のアメコミを読んでいないからか、世界観に入れず。設定謎過ぎる。

音の使い方や作画はアメコミ的で格好いいけど...次あっても観ないなぁ。
>|