千と千尋の神隠しの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

千と千尋の神隠し2001年製作の映画)

SPIRITED AWAY

上映日:2001年07月20日

製作国:

上映時間:125分

4.1

「千と千尋の神隠し」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

・小学5年生の時に観た・釜爺の孫になりたい・冒頭の方の千尋が湯屋の裏の階段下ってくシーンで心臓バクバクしてたのはきっと私だけじゃないはず・「一度あったことは忘れない、思い出せないだけ」・「でもやっぱり全体を通してのテーマは”やさしさ”かなぁ」と当時母親が言っていた・働く母親ならではの感想・「わたし、ハクを助けたい」・6番目の駅で私も降りてみたかった・銭婆婆のケーキ美味そう・カオナシがケーキ食べるところが可愛かった・あーって聞こえてきそう・お腹すいてたんでしょうね、いっぱい吐いたから(笑)・えらく印象に残ってたジブリ作品だった・千尋がカオナシと対峙した部屋のドギツイ襖絵が素敵だったなぁ・あれも神様たちなんだろうか
2021年7月以前に鑑賞

不朽の名作
主題歌、挿入音楽も良き
主人公(千尋)の成長が感じ取れる
主人公以外の登場人物も個性的

子どもが小学生になったら一緒に観たい

このレビューはネタバレを含みます

千のあとを追いかけてうしろのほうで
海に飛び降りるカオナシがだいすきです
【世界シネマ大事典】アニメーション映画
【みんなのシネマレビュー】平均6.4点
ある家族が引っ越し中道に迷った末にたどり着く不思議な場所で主人公の千尋という女の子が奮闘していきます。

個人的には内容よりもアニメーションを楽しむ感じで見ています。
ジブリ作品の中でも1番キャラクターの数や色が豊富に使われている印象でとても華やか

ですが、前述した通りキャラクターの数が多くそれに付随しそれぞれのキャラクターが果たしたい目標の数も増えた為、少しゴチャゴチャしていてオチが薄まる?感じです。(表現がうまく表せず申し訳ありません)

個人的にはそれを加味しても楽しく見られます!

流石ジブリ
JIRO

JIROの感想・評価

4.5
一見すると、千尋の不思議な大冒険。それだけだも充分楽しめる。しかし、メッセージを辿ろうとすればするほど細かい演出に気がつき、余計に好きになる。カオナシ、橋、トンネルなどどのような舞台装置なのか見解が明確になるまで見続けたい。
るん

るんの感想・評価

5.0
お父さんとお母さん何食べてるんだか分からないけど美味しそうお腹すく
嶋田

嶋田の感想・評価

4.4
和風のジブリ、嫌いなわけないですよね。
ご飯が不気味だけど美味しそう。
キャバクラが元ネタと聞いてまた観たくなった!笑
映画館で再上映してた時に観に行けば良かったと後悔。。

このレビューはネタバレを含みます

何度でも見たくなるジブリ作品です。注目ポイントはカオナシです。
特に後半の食べたもの全部吐き出して千を追いかけるところからカオナシのかわいさ爆発です💥
「こっちにおいで」と言われて飛び降りるところが特にキュートです。たまらん