りよ

名探偵ピカチュウのりよのネタバレレビュー・内容・結末

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)
3.8

このレビューはネタバレを含みます

トレーラー解禁後から、うう…かわいい…とピカチュウが気になるあまり本筋は気にしてなかった自分。
そして全然・ポケモン本家はプレイしてた過去がなく(なぜなら世代の問題)ポケモンGOで日比谷公園を徘徊していた程度の、筋金入りのみなさまからしてみれば明らかなにわかなのですが…よく言及されているようにポケモン実在の世界が夢のよう…でした!!
それはそれとして、もふもふ…かわいい…で終わるかと思いきや、割と最後が急行直下であり、オチも(ピカチュウ中身は記憶なくしてたお父さんでした)絵面的にも(そんでお父さん役がおっさんピカチュウの中のつか声の人のライアン・レイノルズ)にも周到だった…途中のしおしおピカチュウが出てくるくだりの理由も素晴らしいですね。原作のゲームの通りなのだろうか。知らんけど。
ちなみにポケモン通ってないのにも関わらず、私はなんとなくずっとニャース派でした。なぜなら「ピカチュウは自分のかわいさをよく理解しているのであのポーズでピカピカとか言ってかわいこぶっているのである。ニャースにはそれがない」が主義主張でした。今回そんなのを打破してたピカチュウがいたんだなあ…見た目可愛いのに中身の有能さとの凄まじいギャップとしては、ガーディアンズオブギャラクシーのロケットに通じると思う もちろんロケット好きです。
最後に思ったんだけど、闘技場?でピカチュウが、太刀打ちできない〜とピカピカ言ってたのはティム父(もはやビジュアルはライアン・レイノルズ)が職務遂行上の危険時に使った手法なんでしょうか…